VR・AR

小糸製作所、作業手順書をVR化--「紙よりも分かりやすい」、手戻りが9割減

小糸製作所は、ランプ製造に活用する機器の操作マニュアルをVRコンテンツ化。「作業手順が視覚的に分かり、従来の紙のマニュアルよりも遥かに分かりやすい」と評価されている。

 自動車用のランプなどを開発する小糸製作所(港区、連結従業員数2万3799人)は、拡張現実(VR)コンテンツを作成できるクラウドサービス「スペースリー」を活用。集合研修の代替策として作業の手戻りを9割、年間180時間を削減できるという。5月27日、サービスを提供するスペースリー(渋谷区)が発表した。

 製品の輝度、色度などを測定する輝度計を活用してランプを製造。紙のマニュアルや集合研修で操作方法を教育していたところ、コロナ禍で集合研修の見直しが必要になったという。

 スピーディかつ均質に技術の継承や従業員個々のレベルが向上できる、従来の方法にとらわれない研修の高度化も模索していたとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約645文字 ログインして続きを読んでください。

「VR・AR」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]