BI ETL

AGCと竹中工務店が語るデータ分析「Alteryx」活用術--流れをGUIで操作

セルフサービス型で利用できるデータ分析基盤ソフトウェア「Alteryx Platform」などの活用実態をAGC 化学カンパニーと竹中工務店 東京本店が解説した。

 セルフサービス型で利用できるデータ分析基盤ソフトウェア「Alteryx Platform」などを提供するアルテリックス・ジャパンは5月26日、ビジネス進捗と国内事例を披露する記者説明会を開催した。ノンコードでデータ分析が可能というプラットフォームを展開してきた米国本社のAlteryxは1997年、日本法人は2018年1月に設立している。

 アルテリックス・ジャパン 統括代表 吉村良氏は「直感的に使用できるGUIで、ノンプログラミングによるデータブレンディング(複数のデータソースを組み合わせて、実用的な分析データセットを作成する工程)、空間分析、予測統計分析などの機能をユーザー自身が利用できる。APA(Analytic Process Automation:分析プロセス自動化)のデータ活用&分析の機能を一元的に提供するプラットフォーム」だと、Alteryx Platformの特徴をまとめた。

(左から)AGC 化学品カンパニー 戦略本部 スマート化推進室 技術企画グループ 安井泰観氏、アルテリックス・ジャパン 統括代表 吉村良氏、竹中工務店 東京本店 設計部(設備設計) 上杉崇氏
(左から)AGC 化学品カンパニー 戦略本部 スマート化推進室 技術企画グループ 安井泰観氏、アルテリックス・ジャパン 統括代表 吉村良氏、竹中工務店 東京本店 設計部(設備設計) 上杉崇氏

 全世界では90カ国7200社超がAlteryx製品を採用し、国内顧客数は現在257社におよぶ。国内パートナー企業として、KCCSモバイルエンジニアリング、truestar、NTTデータ、エルヒット、クラスメソッド、スプライングローバル、デジタルフォルン アルテリックス、パナソニックソリューションテクノロジー、伊藤忠テクノソリューションズが名を連ねる。

コロナ禍の環境変化に対応

 Alteryxの2020年度第2四半期(4~6月)は、同社製品を新規導入する企業数が増加したという。改めて説明するまでもなく新型コロナ第一波に伴い、各国がロックダウンを実施し、国内では第1回緊急事態宣言が関わる時期である。

 コロナ禍による環境変化に対して、吉村氏は「売り上げを維持するためにデータ分析シナリオの計画や現業回復、需要回復予測、コロナ禍が長引くことを踏まえた業務効率化、コロナ禍でも企業価値を高めるための新たな事業の創成」が背景にあると推察した。

Alteryx製品によるデータ分析工程 Alteryx製品によるデータ分析工程
※クリックすると拡大画像が見られます

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]