クライアントセキュリティ

「Windows 10 in cloud configuration」--PCの設定や管理を推奨構成で簡素化

リモートワークの導入によって、エンドポイントの設定や管理が複雑化した企業もある。「Windows 10 in cloud configuration」はマイクロソフトの推奨設定がパッケージ化されており、PCをより簡単にセットアップできる。

 「Microsoft Endpoint Manager」と「Microsoft Intune」には、PCの設定と管理のためのツール群がすでに備わっており、PCを保護して最新の状態に維持し、従業員に必要なアプリケーションだけをインストールできる。だが、パンデミック前までリモートスタッフや在宅勤務の従業員について考える必要がなかった組織にとっては特に、エンドポイント管理の設定が複雑に思えるかもしれない。これらの設定の一部に対応したワークブックを使用する専門知識さえ持たないチームもある。

 新しい「Windows 10 in cloud configuration」(Cloud Config)ツールには、標準的なPCのセットアップを必要とする従業員向けに、Microsoftが推奨する管理対象エンドポイントのベストプラクティス、設定、構成がすべてパッケージ化されており、組織は新しいPCや既存のPCに簡単に適用できる。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

エンドポイントの管理を簡素化

 Cloud Configの発表を見て、IntuneやEndpoint Managerでデバイスを管理する従来の方法と何が違うのかと疑問に思った人には、Cloud Configは適していないかもしれない。既存のコンポーネントから構築されたCloud Configは、Intuneのガイド付きシナリオだ。IntuneはEndpoint Managerの一部であり、使用には「Microsoft EMS E3」「Microsoft 365 E3」または「Microsoft E5」のライセンスが必要になる。Cloud Configが対応するのは、「Windows 10 Pro」「Windows 10 Pro for Education」「Windows 10 Pro for Workstations」「Windows 10 Enterprise」「Windows 10 Education」を実行する新しいWindows 10デバイスと既存のWindows 10デバイスで、ユーザーは「Azure Active Directory」(Azure AD)に登録される。また、「OneDrive for Business」で既知のフォルダーのリダイレクトを実行するには、ユーザーごとに「Microsoft 365 Apps」ライセンスが必要だ。

 重要なブレークスルーは、これまでそうしたツールを使う必要がなかったユーザーが、非常に簡単に使用できるようになることだ。

 PCがオフィス以外の場所で使用されるようになり、多くの組織はPCの管理をクラウドに切り替えることを余儀なくされた。しかし、特に最前線のスタッフのために、オフィスワークとリモートワークを組み合わせた形に対応しようとしている組織が、Microsoftに助けを求めている、とMicrosoft Endpoint Manager担当プロダクトマーケティングディレクターのMelissa Grant氏が米TechRepublicに語った。

 「こうした組織は、『ハイブリッドへの移行を開始する中で、フィジカルな環境とバーチャルな環境で働く、すなわち、あるときは自宅で仕事をして、あるときはオフィスに戻ってくる一部の従業員のために、もう少しシンプルで、もう少し早く価値を生み出すことができ、もう少し合理的なものが必要になった』と述べていた」。それは、インフォメーションワーカー、最前線のスタッフ、季節労働者、派遣労働者が混在する大規模な組織で特に顕著だった。

 Endpoint Managerチームが顧客のグループに対して、推奨される構成と選別されたアプリ群をPCにセットアップする簡単なゼロタッチオプションに興味があるか聞いたところ、2つの反応があった。半数の顧客は、すでにそれを実行していて、まさにその方法でエンドポイントを適切に管理していると答えた。残りの半数は、同じことをやりたいが方法が分からないという。

 「そこからCloud Configを開発するというアイデアが生まれた。Cloud Configでは、すでに使用しているEndpoint Manager、Windows ProまたはEnterpriseデバイス、『Autopilot』など、慣れ親しんだものをこの推奨構成にまとめる。これにより、以前は必要なサイクルや専門知識がなかったために到達できなかった非常に望ましい最終状態に、極めて簡単にたどり着ける」とGrant氏は述べた。

「クライアントセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]