オフィスソフト

「Excel」での平均値計算--平均関数の使い分け

「Excel」では簡単に平均値を計算できるが、0を計算から除外したい場合や、論理値を含めたい場合は、AVERAGE()とは別の関数を使用する必要がある。さまざまな平均関数の特徴と使い方を紹介する。

 平均値の計算は必ずしも、値の合計を値の総数で割るという単純なものではない。幸いなことに、「Microsoft Excel」には平均の関数が複数あり、そのどれかを使えば、目的とする計算ができるはずだ。本記事では、基本的なAVERAGE()関数について簡単に説明して(この関数についてはよく知っているだろう)、次に、AVERAGEA()、AVERAGEIF()、AVERAGEIFS()について解説する。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsxファイルや.xlsファイルをダウンロードしてもいい。これらの関数はすべてブラウザー版でもサポートされている。

ExcelでAVERAGE()を使用する方法

 まずは、最も基本的な関数であるAVERAGE()から始めるのが一番だ。この関数は、一連の値を合計した後、値の数で割ることで、それらの値の平均値を返す。この式は小学校で教わるもので、多くの人はすでにこの関数についてよく知っているはずだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2315文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]