PC・モバイル

「Chromebook」でセキュアDNSを有効にするには

「Chromebook」は使いやすく、安全で、非常に高速だ。とはいえ、Chromebookのセキュリティは常に保証されているわけではない。ChromebookでセキュアDNSを有効にする方法を解説する。

 あなたはどこに行くときも「Chromebook」を携帯しているはずだ。それは、当然のことである。Chromebookは使いやすく、安全で、非常に高速だ。とはいえ、Chromebookのセキュリティは常に保証されているわけではない。公共のネットワークで作業している場合は、特にそうだ。おそらく、あなたは喫茶店のネットワークにChromebookを接続したはずだ。そうしたネットワークは、パスワードが設定されていないか、あるいは、簡単なパスワードが使用されているかのどちらかで、Wi-Fiに適用されるセキュリティレベルの保証も全くない。

 どうすればいいのだろうか。絶対にやらなければならないのは、「Chrome OS」と「Chrome」の両方でセキュアDNSを有効にすることだ。この設定を行えば、すべてのDNSクエリが暗号化されるため、自分の送信するパケットが何者かに盗聴されてしまう可能性について、それほど心配しなくてもよくなる。

 どうすればセキュアDNSを有効化できるのだろうか。非常に簡単だ。以下でその手順を説明する。

必要なもの

 これに必要なのは、アップデートされたChromebookだけだ(少なくともバージョン83のChromeを実行している必要がある)。安定版Chrome OSの最新バージョンは89.0.4389.130なので(本稿執筆時点)、問題はないはずだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1221文字 ログインして続きを読んでください。

「PC・モバイル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]