ウェブ会議

「Zoom」時代の服装選び--コロナ禍がトレンドに与える影響

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって在宅勤務へと移行したが、それによって今後のワードローブトレンドが形作られるかもしれない。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は突然、働き方や社会生活、子供の教育の仕方などを変えた。過去の世界的な大災害は、何十年にもわたって文化的態度やファッションの傾向を転換してきた。過去と同様、現代の疫病によって一斉に在宅勤務が行われる中、今後のワードローブトレンドが形作られるかもしれない。さて、「Zoom」会議とパジャマ姿のビジネスカジュアルから1年経った今、私たちは何を着て出掛けるだろうか?

COVID-19時代のファッション

 歴史的に見ても、人々は季節ごとに、時には衝動的に新しい洋服を購入し、1年を通してワードローブを更新している。しかし、リモートワークへの移行や公的機関によるCOVID-19の規制の中で、従来の小売店での購入は激減し、米国では多くの衣料品小売店が連邦破産法第11章の適用を申請した。パーソンズ美術大学の助教授であるSusanna Moyer氏は、パンデミック前のある種のファッション傾向が、向こう数カ月間は続くと予想している。

 「リモートワークでもオフィスでも、日々の生活の中で快適な洋服とは何かという点では、今後も動向は変わらないと感じている。これはパンデミック前の傾向だ。ストリートウエアは男性用と女性用の両方に影響を与えた。Mark Zuckerberg氏と同氏のパーカーを考えてみてもらいたい」(Moyer氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1649文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]