PC・モバイル

M1搭載「Mac」はどれを選ぶべき?--それぞれの特徴と適したユーザー

アップルの「M1」チップを搭載する「Mac」は現在、「iMac」「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」が提供されている。それぞれの特長や、適していると思われるユーザーを紹介する。

AppleのM1搭載iMac(2021)のカラーバリエーション。
AppleのM1搭載iMac(2021)のカラーバリエーション。

 Appleは2020年の「One More Thing」イベントにおいて、同社の新しいArmベースの「M1」システムオンチップ(SoC)を初めて搭載した「Mac」シリーズを発表した。M1搭載機の最初のラインアップは、「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」だ。同社の2021年の「Spring Loaded」イベントでは、全面的に再設計されたM1搭載「iMac」が発表された。この新型iMacは、実に7色ものカラーバリエーションが用意されている。

 米TechRepublicでは、新しいM1搭載Macの評価を各製品のリリース以来実施しており、Intelベースの同じタイプのMacや同様の「Windows」PCと比較してきた。だが、M1搭載Macを自分用や会社用に購入する必要はあるのだろうか。また、どれを選べばいいのだろうか。

 こうした疑問に対する答えは、他のあらゆるビジネステクノロジーを購入する場合と同様に、マシンの用途によって異なる。そこで、本記事では各マシンを最適だと思われる職種ごとに分類していく。筆者が今も中堅中小企業(SMB)や大企業のIT部門で働いていたとしたら(筆者のテクノロジーキャリアはそこからスタートした)、M1搭載のiMac、MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniをこのように展開するだろう。留意してほしい前提として、会社にはすでにApple製ハードウェアをサポートするインフラストラクチャーが整っており、購入に際しては自社のハードウェアとソフトウェアの調達ポリシーに従うものとする。すなわち、エンドユーザーがコンピューターアップグレードサイクルの一環として新しいマシンの支給を待っている、または近々入社する新しい従業員のために新しいマシンを購入する、といった状況だ。

AppleのM1搭載iMac(2021)

 2021年のiMacは、M1 SoCを中心に全面的に再設計された。ロジックボードと冷却システムのサイズが大幅に縮小されたため、体積を前世代のiMacの半分にすることができた。また、厚さはわずか11.5mmだ。1枚のガラス板が前面全体を覆い、筐体の背面は平らで角が丸くなっている。そのため、M1搭載iMacは超大型「iPad」を傾斜したスタンドに設置したような姿に見える。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4687文字 ログインして続きを読んでください。

「PC・モバイル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]