チャット ウェブ会議

Facebook「Workplace」の新機能--従業員体験の向上に注力

Facebookは同社コラボレーションツール「Workplace」について、従業員体験を向上させるために設計された機能を紹介した。

 Facebookの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は米国時間5月4日、同社の「Workplace」プラットフォームの有料会員数が700万人となり、新たな節目を迎えたと発表した。同社はまた、リモートワークが一斉に行われている時代の仮想上のコラボレーションを強化するための一連の新たなプラットフォーム機能も明らかにした。これには新たなライブQ&A機能やサードパーティーとの統合などが含まれる。

 Mark Zuckerberg氏は、次のようにFacebookに投稿している。「当社のビジネスコミュニケーションツールであるWorkplaceの有料会員数は、過去1年間で40%増加し、700万人に達した。我々は自社の運営を目的にFacebookの社内版としてWorkplaceを構築したが、非常に便利だったため、SpotifyやStarbucks、世界保健機関(WHO)など、他の組織にも開放するようになった」

 「我々の仮想現実(VR)ツールを仕事でも使い始めている企業が増えており、以前は不可能だった人々の共同作業の新たな方法を追求することに興奮している」(Zuckerberg氏)

 Zuckerberg氏が言うように、WorkplaceはFacebookの企業向け側面を担っている。Workplaceは、誰もが知っている一般利用者向けのFacebookと同じデザインと機能を持ちながら、2つのアカウントを別々に保持できるコラボレーション空間を生み出している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1829文字 ログインして続きを読んでください。

「チャット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]