人事・労務 freee

年末調整の電子申告義務化、人事労務の65%以上「知らない」--電子以外は無効

2021年1月以降、法定調書の提出枚数が100枚以上の場合は電子申告が義務化されているが、企業で人事労務に携わる65.3%が知らないという。

 企業で人事労務に携わる65%以上が年末調整の電子申告義務化を知らない――。freee(品川区)が3月23~26日、インターネットを活用して調査している。有効サンプル数は1059。5月6日に調査結果を発表した。

回答者の所属企業規模と役職(出典:freee) 回答者の所属企業規模と役職(出典:freee)
※クリックすると拡大画像が見られます

 2021年1月以降で法定調書の提出枚数が100枚以上の場合に電子申告が義務化されているが、企業で人事労務に携わる65.3%が知らないと回答。認知は広まっていないという。

 このうち代表者、役員は65.4%、部長、課長が47%を占めており、決裁に深く関与する層にも広まっていないとしている。

電子申告義務化を知っているか(出典:freee)
電子申告義務化を知っているか(出典:freee)

 自身が所属する企業が電子申告義務化の対象かをきくと、42.9%がわからないと回答。半数近くが自社について把握していないとしている。

対象かどうか(出典:freee)
対象かどうか(出典:freee)

 2021年1月末締切の税務署への提出方法は、17%が電子申告システムを利用したという。同時期の市区町村への書類提出における電子申告システムの利用は14.5%で、いずれも2割に達しておらず、法人の電子申告利用は進んでいないとしている。

税務署と市町村区への申告方法(出典:freee)
税務署と市町村区への申告方法(出典:freee)

 電子申告利用者にスムーズだったかを聞くと、「大変スムーズ」もしくは「スムーズ」が72.9%だったという。認知が広まれば利用が定着する素地はあると考察している。

 資本金が1億円超、100枚以上の支払い調書がある企業は、2020年4月の年度から年末調整の法定調書を電子申告する必要がある。

 該当企業は約3万社あり、電子以外の申告は無効。申告加算税の対象として追徴課税されるおそれもあると説明している。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]