オフィスソフト

Excelのデータ引用範囲が拡大--「Microsoft 365」更新動向【2104版】

ExcelはWolfram Researchが提供する「動物」「科学」「都市」「場所」「地形」「宇宙」など各種データ引用に対応。関連する単語をセルに入力し、引用するデータの種類を選択することでデータを挿入できる。

 Microsoftが米国時間4月29日に更新した、Microsoft 365 Apps各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2104(ビルド 13929.20296)に更新したWindowsデスクトップ版は、ExcelがWolfram Researchが提供する各種データの公式サポートを行った。

 本誌読者であれば「Mathematica(マスマティカ)」を開発したWolfram Researchと紹介した方が分かりやすいだろう。同社はMicrosoftと提携関係にあり、2009年にはBing.com経由で各種データベースの検索をサポートしている。

 Excelは以前から株式や地理といったデータの引用を可能にしていたが、今回のバージョンからはWolfram Researchが提供する「解剖学」「動物」「科学」「都市」「場所」「医療」「映画」「食べ物」「地形」「人物」「植物」「宇宙」「大学」「ヨガ」といったデータ引用に対応した。

 あらかじめ関連する単語をセルに入力し、引用するデータの種類を選択することでデータ挿入が可能になる。データはすべて英語だが、数値であれば多様なシーンで利用できるだろう。

 Microsoft Teamsはオンライン会議の内容や進行状況に合わせて、レイアウトを自動的に切り替える「Dynamic View(動的ビュー)」と、不在時にチャットメッセージを返信する機能を追加した。

 Dynamic Viewはパブリックプレビュー機能(ユーザーアイコンをクリックすると現れるメニューから、「情報」→「パブリックプレビュー」と順に選択)を有効にすることで4月下旬から利用可能だった。ただし、登壇者と共有スライドを切り替える機能が見当たらず、筆者個人としては不便に感じることも。後者は組織外への自動応答や、自動応答する期間や時間を指定できる。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]