タブレット

「iPad Pro」(2021)入門--「M1」チップ搭載で性能強化

アップルは「Spring Loaded」イベントにおいて新しい「iPad Pro」を発表した。「M1」チップを搭載し、5G対応モデルも提供されるなど、大幅なアップグレードとなっている。

 Appleは同社「Spring Loaded」イベントにおいて「iPad Pro」の最新モデルを発表した。外観は2020年モデルと同じように見えるが、内部には数多くの改善点があり、タブレットのアップグレードを検討しているビジネスパーソンにとって有力な選択肢となっている。Spring Loadedでは、待望の「AirTag」など多くの製品が発表されたが、外出の多いビジネスパーソンにとって、iPad Proの新モデルほど心躍る発表はなかっただろう。新型iPad Proは、2020年に登場して好評を博したApple独自の「M1」チップセットを搭載する初のApple製タブレットだ。

 ミッドジェネレーションのデバイスは小規模なアップグレードにとどまることが多いが、最新世代のiPad Proには他にも多数の改善点があり、12.9インチモデルも11インチモデルもかなりの規模のアップグレードとなっている。

iPad Pro最新モデルの新機能

 外から見ると、最新世代のiPad Proモデルに新しい要素はあまりない。2つのサイズが用意されており、いずれも本体側面がフラットで、iPad Proの特徴となったAppleの「魔法のガラス」のデザイン美が反映されている。変わったのは内面だ。そして、改善された部分は非常に多い。

 まず、新型iPad Proは「Apple Silicon」であるM1チップが追加されており、「Mac」以外でApple Siliconを搭載する初のデバイスとなった。iPad ProのM1には、8コアCPUと8コアGPUが含まれている。Appleによると、CPUはパフォーマンスが旧モデルのiPad Proから50%高速化し、GPUのグラフィックス性能は2020年モデルより40%高速になったという。

 2021年モデルのiPad Proでも、「Thunderbolt」をサポートする「USB-C」ポートが採用された。Appleは、有線接続での帯域幅が4倍(最大40Gbps)になり、最大6Kの外部モニターを完全にサポートできるとしている。

 iPad Proの前面に配置された「TrueDepth」カメラも12メガピクセルに強化され、ワイドスクリーンの120度の視野角に対応した。前面カメラがワイドスクリーンのアスペクト比に対応したことで、Appleが「Center Stage」と呼ぶ新機能が可能になった。Center Stageは機械学習を使用して、ビデオ通話中にズームイン、ズームアウト、パンを実行し、ユーザーを画面の中心に収める。また、2人目の参加者を検知し、両方が画面に最適に収まるようにも調整できる。

 iPad Proのディスプレイの性能向上を望む声を受けて、Appleは12.9インチiPad Proで新しい「Liquid Retina XDR」ディスプレイを採用した。同社はこのディスプレイについて、フルサイズの「Pro Display XDR」の高コントラストカラーを再現していると述べた。Appleによると、iPad ProでPro Display XRDと同等のパフォーマンスを達成するために新しいミニLEDを開発し、1万個以上のミニLEDを12.9インチモデルに搭載したという。残念ながら今回は、11インチiPad ProでのLiquid Retina XDRの採用は見送られた。

 最後に、iPad Proの両方のモデルが5Gとミリ波(米国)をサポートするようになった。また、Appleは新たに最大2TBの内部ストレージを搭載するモデルも追加した。要するに最新のiPad Proは、年半ばのアップデートにしては非常に大きな改善が加えられているということだ。

新型iPad Proのスペック

12.9インチiPad Pro

11インチiPad Pro

ディスプレイ

Liquid Retina XDR

Liquid Retina

ストレージ容量

128GB、256GB、512GB、1TB、2TB

128GB、256GB、512GB、1TB、2TB

チップセット

8コアCPU、8コアGPU、16コア「Neural Engine」を搭載したApple M1

8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1

メモリー

8GB RAM、16GB RAM(1TBおよび2TBモデル)

8GB RAM、16GB RAM(1TBおよび2TBモデル)

カメラ

背面:12メガピクセル広角カメラ、10メガピクセル超広角カメラ

前面:Center Stageをサポートする視野角122度の12メガピクセルTrueDepth前面カメラ

背面:12メガピクセル広角カメラ、10メガピクセル超広角カメラ

前面:Center Stageをサポートする視野角122度の12メガピクセルTrueDepth前面カメラ

接続機能

5G、ミリ波(米国)、Wi-Fi 6

5G、ミリ波(米国)、Wi-Fi 6

通信機能

Bluetooth 5.0、「iBeacon」マイクロロケーション

Bluetooth 5.0、iBeaconマイクロロケーション

ポート

Thunderbolt/USB 4、「Smart Connector」、磁気コネクター

Thunderbolt/USB 4、Smart Connector、磁気コネクター

セキュリティ

Face ID

Face ID

バッテリー持続時間

40.88Wh、Wi-Fiで最大10時間、携帯電話データネットワークで9時間

28.65Wh、Wi-Fiで最大10時間、携帯電話データネットワークで9時間

「タブレット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]