PaaS その他セキュリティ NEC

顔写真付き本人確認書類なくても--金融機関の情報でオンライン本人確認

ヒロセ通商とJFXは、NECが運営する「マルチバンク本人確認プラットフォーム」を活用し、本人の同意を得た上で他社保有の本人確認済情報を利用する。

 外国為替証拠金取引(FX)事業のヒロセ通商(大阪市西区、連結従業員数84人)と同事業を展開するグループ会社のJFX(中央区)は、本人確認(electronic Know Your Customer:eKYC)サービス「マルチバンク本人確認プラットフォーム」を採用。

 金融機関が保有する本人確認済情報を同意を得た上で活用するという。4月22日、プラットフォームを構築、運用するNECが発表した。

 ヒロセ通商とJFXは、口座開設に顔写真付き本人確認書類と顔情報を生体認証で照合するeKYCサービス「Polarify eKYC」を活用。

編集部おすすめの関連記事

 顔の撮影に抵抗がある人や、運転免許証などの顔写真付き本人確認書類の保有率が低い若年層などに対応できる本人確認方法が課題だったという。

 NECが開発、運用するプラットフォームに参加する金融機関が取得した本人確認済情報を、本人の同意を得た上で共有。顔写真がない本人確認書類で口座開設可能になるとともに、審査精度の向上、事務負担軽減なども見込めるとしている。

活用イメージ(出典:NEC) 活用イメージ(出典:NEC)
※クリックすると拡大画像が見られます

 APIを活用して安全に接続できるというマルチバンク本人確認プラットフォームは、構築、運営を担当するNEC、Polarify eKYCを提供するポラリファイ(港区)、ヒロセ通商とJFXのほか、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、横浜銀行と、福岡銀行、熊本銀行、十八親和銀行などを傘下に持つふくおかフィナンシャルグループが参加している。

 幅広い金融機関へ参加を呼びかけつつ、多様なeKYC事業者と連携するという。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]