ウェブ会議

「Google Meet」が没入感や効率性を向上--ビデオ会議疲れ軽減も目指す

「Google Meet」でアップデートがあり、参加者の表示方法やピン留めといったUI関連の改良、「Data Saver」の開始、オートズームやウェブ版でのローライトモードの導入などが明かされた。

 変化の時が来た。「Google Workspace」は米国時間4月21日、会議を改善し、ハイブリッドやリモートの従業員に対応するため、「Google Meet」が刷新されたと発表した。

 「仮想会議はこの1年間、仕事の世界的な変革の中心にあった」とGoogle Meetの製品管理担当ディレクターであるDave Citron氏はGoogleのブログに投稿した。「パンデミックのかなり前から、仮想会議は分散したチームにとって重要な役割を果たしていたが、物理的な職場を共有していた無数のチームや組織にとって、今では1日の仕事をまとめる接着剤のような存在になっている」(Citron氏)

 ユーザーインターフェース(UI)の変更点としては、5つの言語による自動ライブ字幕、教育者や学生のためのエンゲージメント管理、チームメンバーがどこにいても接続できるように設計されたモバイル新機能などがある。Googleによれば、今回の機能強化は、顧客やユーザーからのフィードバックを反映したもので、5月から運用が開始されるという。

 新たなMeetでは、ビデオフィード、表示とプレゼンテーションのエクスペリエンス、およびボトムバーが更新される。Citron氏によれば、Googleは会議疲れの軽減を目指していたという。「当社は、会議で自分がどう見えるかを管理できるようにしている。ユーザーは、ビデオフィードをグリッド内のタイルにするか、フローティングピクチャーにするかを選択でき、サイズや位置の変更もできる。自分の姿を全く見たくない場合は、自分のフィードを簡単に最小化して、視界から完全に隠せる」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1414文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]