PaaS ノンプログラミング開発ツール マーケティング

顧客データ分析にクラウドをオススメする理由

クラウドサービス「kintone」は、データを分析して、マーケティングに活用するといったことも可能だ。具体的な方法や注意点などを解説する。

 マーケティングとは、顧客のニーズに最適な形で製品を届けるための活動です。

 もう少しかみ砕くと、顧客が望んでいるモノは何かを調査することであり、顧客が望んでいる形へ自社の製品を最適化させ、欲しいと思っている顧客へ製品の存在を知らせることです。

 そのためには、市場が望んでいるモノ、顧客が望んでいるモノは何かを適切に分析することが重要となってきます。

 今回はその中でも、一番成果が反映されやすい既存顧客へ他の製品も購入してもらう“クロスセル”にターゲットを絞り、クラウドプラットフォーム「kintone」で需要を分析するためにデータを管理、活用する方法を紹介します。

顧客データを保存する

 はじめに、顧客の需要を分析するためには顧客のデータが必要です。顧客のデータとは、年齢、性別、住んでいる地域、職種など多岐に渡ります。これらは提供しているサービスによって、どこまで詳細に取得しているか異なります。

 ここで大切なことは、取得したデータの属性ごとに整理した状態での保存です。情報を属性ごとに整理して保存することで、顧客の共通点を見つけやすくなり、年代別や性別ごとや業界別の需要など、ターゲットの選定を容易にしてくれます。kintoneではコードやデータベースの知識がなくても、Excelのような感覚で顧客のデータを管理する情報保存用のアプリを作成することができます。

編集部おすすめの関連記事

出典:MOVED 出典:MOVED
※クリックすると拡大画像が見られます

 次に、顧客の購入履歴や問い合わせ履歴が必要です。顧客の購入と問い合わせの履歴は、顧客が何を欲しているか、何に困っているかを理解するための足がかりとなる貴重なデータです。

 kintoneでは、アカウントを所有していれば部門を跨いでデータを閲覧することが可能です。そのため、営業部門には訪問や購入の履歴を、カスタマーサポートには問い合わせ履歴を入力してもらい、先述した顧客データへ紐付けることもできます。

出典:MOVED 出典:MOVED
※クリックすると拡大画像が見られます

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]