名刺管理 富士通 Sansan

富士通グループ、「Sansan」データをきれいに--8万人で共有、Salesforceと連携

富士通グループは、名刺管理サービス「Sansan」で従業員約8万人の人脈を可視化、共有。クレンジングした顧客データをSalesforceと連携して活用する。

 富士通(連結従業員数12万9071人)は、名刺管理サービス「Sansan」を導入。

 システムエンジニア、営業を中心とした国内グループ授業員約8万人の人脈を可視化、共有するとともに、グループ全体が多角的に活用できる顧客マスターを構築するという。4月22日、サービスを提供するSansan(渋谷区)が発表した。

 コンタクト情報をデータとして蓄積しやすいオンライン名刺を積極的に活用しつつ、名刺情報をデジタル化。

編集部おすすめの関連記事

 顧客データの名寄せ、統合を自動化する「Sansan Data Hub」を活用してSalesforceと連携し、属性情報を付与した顧客マスターを構築。グループ内で共有するという。

 多角的な分析に活用してマーケティング活動を高度化し、競争力向上を図るとしている。

 Sansan Data Hubは、「Microsoft Azure Marketplace」「Salesforce AppExchange」などで公開、Sansanが提供する追加機能。提供価格は非公開。

 名刺や帝国データバンク、登記情報などを活用して社内に散在するデータを集約、二重登録報などを修正するという。最新かつ正確な情報に自動更新し、データをクレンジングできると説明。情報はSansanとSalesforceのほか、「Marketo」「SATORI」などの連携できるマーケティングオートメーション(MA)ツールで読み込めるとしている。

Sansan Data Hubの機能イメージ(出典:Sansan) Sansan Data Hubの機能イメージ(出典:Sansan)
※クリックすると拡大画像が見られます

「名刺管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]