OS

Linux 101:ディレクトリー内のファイルとフォルダを一覧表示するには

「Linux」初心者向けに使い方のヒントを紹介する本連載。今回は、ディレクトリー内のファイルとフォルダを一覧表示する方法を紹介する

 「Linux」初心者の中には、コマンドラインの習得について少し不安を感じている人もいるかもしれない。結局のところ、そうした人はこれまで、ほぼすべてのタスクにGUIを使用するプラットフォームを使っており、コマンドラインインターフェースはほとんど使用したことがない可能性が高い。しかし、心配は無用である。本連載の目的は、そうした人たちを助けることだからだ。

 今回の記事では、ディレクトリー内のファイルとフォルダを一覧表示する方法を紹介する。非常に初歩的なタスクのように聞こえるかもしれないが、1つのコマンドで実際に収集できる情報の量に驚くはずだ。それでは、基本から見ていこう。

 まず、Linuxシステムにログインする。これがGUIのないサーバーである場合は、この時点でターミナルウィンドウが表示されるので、すぐにコマンドを使用できる。そうでない場合は、ターミナルアプリを開くと、ホームディレクトリーが表示されるはずだ。

編集部おすすめの関連記事

 現在のディレクトリー内のファイルとフォルダを一覧表示するには、以下のコマンドを実行する。

ls

 そのディレクトリーに含まれるすべてのものが表示されるはずだ。そのコマンドが実行するのは、非表示になっていないファイルとディレクトリーを一覧表示することだけだ。非表示になっているファイルとディレクトリーとは、「.」(ピリオド)で始まるものであり、デフォルトのlsコマンドの出力から除外される。

 非表示になっているファイルとディレクトリーを表示するには、以下のコマンドを実行する。

ls -a

 より多くの情報が必要な場合は、どうすればいいのだろうか。例えば、所有者とグループ、サイズ、作成時間、日付も知りたいとしよう。その場合は、以下のコマンドを実行するといい。

ls -l

 (サイズ列を)人間が読める形式で表示させたい場合は、以下のコマンドを実行する。

ls -lh

 非表示になっているファイルとディレクトリーをそのリストに含めたい場合、コマンドは以下のようになる。

ls -la

 その特定のコマンドのショートカットコマンドもある。それは以下のコマンドだ。

ll

 現在のディレクトリー以外のディレクトリーの内容を一覧表示したい場合は、以下のように、コマンドの最後にそのディレクトリーのパスを追加するだけでいい。

ls -lah /var/www/html/nextcloud

 最後に、lsの非常に便利な小技を紹介しよう。以下のコマンドを実行すれば、ファイルとフォルダをサイズの大きいものから順に並べることができる。

ls -lS

 これらのlsの例を習得しておけば、しばらくの間は安泰だ。lsについて、もう少し詳しく知ることが必要になった場合は、man lsコマンドを実行して、必ずmanページに目を通してほしい。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]