SFA 名刺管理 ハンモック

静岡鉄道グループ、SFAで情報共有--複数事業で名刺などの情報を活用

グループ25社で多角的に事業を展開する静岡鉄道は、SFA「ホットプロファイル」をコミュニケーション基盤として活用。名刺をはじめとした情報を共有、コミュニケーション活性化を図る。

 静岡鉄道(静岡市葵区、単体従業員数635人)をはじめとする静鉄グループは、営業支援(SFA)ツール「ホットプロファイル」を採用。

 グループ全体の営業基盤として活用し、名刺を含めた情報共有でグループ間コミュニケーションの活性化、顧客との円滑なリレーション構築を図るという。4月20日、提供するハンモック(新宿区)が発表した。

 グループ会社25社、連結従業員数約7500人となり、鉄道をはじめとする交通事業、流通、自動車販売、不動産、レジャーサービス、建設など多角的な事業を展開。

編集部おすすめの関連記事

 必要な項目だけをまとめた報告テンプレートを各社ごとに作成できるため、異なる業態のグループ企業でも一つのシステムを共通利用できるという。

 グループ従業員の連絡先を管理できるウェブ電話帳としても活用でき、ホットプロファイル上の人脈からグループ会社の従業員への連絡が可能。

 グループ横断で情報を共有、コミュニケーションを活性化し、各社や従業員が連携して顧客ニーズに対応できる組織を目指すとしている。

「SFA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]