ウェブ会議 チャット

成長するソーシャルソフトウェア/コラボレーション市場--2021年には45億ドルに

ガートナーは、2021年のソーシャルソフトウェアおよびコラボレーション市場は、前年比17%増の45億ドルになると予測している。

 Gartnerは、2021年のソーシャルソフトウェアおよびコラボレーション市場は、前年比17%増の45億ドルになると予測している。同社によると、他の企業向けアプリケーションにソーシャルソフトウェアを統合することで著しい成長がもたらされており、パンデミックの結果、リモートワークにはサポートが必要になったという。

 「技術的に可能なリモートの知識労働者というのは何十年も前から存在していた」とGartnerのリサーチ担当バイスプレジデントであるCraig Roth氏は語る。「私は20年前からリモートで知識労働をしている。しかし、ほとんどの組織ではこれが当たり前ではなかった。企業経営を維持しながらオフィスビルを突然空にしなければならなくなったことは、ソーシャルやコラボレーションが最前線にある多くの市場に衝撃を与えた。ソーシャル製品やコラボレーション製品は、数週間のうちに『あったらいいな』から『なくてはならない』ものになった」(Roth氏)

 全てのスタッフではないにしても、オフサイトで働くほとんどのスタッフにとって、いわゆる「ウォータークーラー」の周りでしばしば行われていた簡単な社会的交流を維持するのは困難だということは初期の頃から明らかであり、その仮想版をすぐに提供するため、企業はソーシャルおよびコラボレーション市場に依存するようになった。分散した労働力は十分に調整されていなければならず、絶対的に必要であったが、遠隔地にいる従業員は、上司との1対1のコミュニケーションができないことが、会議の多さによる「Zoom疲れ」と相まって孤独感を助長する問題だと言及することが多く、一方で雇用主は毎日何度も仮想会議を開く必要がなく、効率的に協力し合えるチームを作るために適切なバランスを取ろうとしていた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1186文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]