クラウドストレージ

MS「OneDrive」の64ビット版--Windows向けにパブリックプレビュー

マイクロソフトは先ごろ、「OneDrive」の新しい64ビット版をWindows向けにパブリックプレビューとして公開した。

 Microsoftは、「OneDrive」プログラムがより多くのメモリーやそのほかのリソースを利用できるようにするため、64ビット版を準備している。米国時間4月8日のブログ投稿で、MicrosoftはOneDriveの新しい64ビット版をパブリックプレビューとして公開したことを発表した。つまり、必要な要件を満たしている人なら誰でも64ビット版をダウンロードしてインストールできるようになった。新しい64ビット版は、OneDriveの職場、学校、およびホームアカウントを対象としている。既存の32ビット版を補完するものであり、置き換えるものではない。

 Microsoftは64ビット版OneDriveについて、「昔から非常に要望の多かった機能」と評している。64ビット版OneDriveは、「Windows XP」から「Windows 10」までの全バージョンの「Windows」で長い間提供されてきた64ビット版Windowsの恩恵を受けられる。従来の32ビット版と比較すると、64ビット版のOneDriveはより多くのメモリーや処理能力、そのほかのリソースを利用できるようになる。そうした機能は、大容量のファイルや膨大な数のファイルを一度にバックアップおよび同期するときに、特に威力を発揮する。

 Microsoftはブログ投稿で、「大容量のファイルの使用を計画している場合や、大量のファイルがある場合、64ビット版のWindowsを搭載するコンピューターがある場合は、64ビット版が正しい選択だ」と述べた。「通常、64ビット版のWindowsを搭載するコンピューターでは、従来の32ビット版よりも多くのリソース(処理能力やメモリーなど)を利用できる。さらに、64ビットアプリケーションは32ビットアプリケーションよりも多くのメモリーにアクセスできる(最大1840万ペタバイト)」

編集部おすすめの関連記事

 これまで、Windows 10デバイスには32ビット版のOneDriveがプレインストールされていた。一方、Appleの「macOS」向けには64ビット版がデフォルトとなっている。32ビット版が廃止されるわけではない。x86(32ビット)プロセッサーを搭載した32ビットOSや、ARMベースのプロセッサーを搭載した64ビットOSでは、今後も32ビット版が必要だからだ。

 x64ベースのプロセッサーと64ビットOSを搭載したコンピューターでは、32ビット版と64ビット版のOneDriveの両方をサポートできるが、実行できるのはどちらか一方だけだ。Windows 10のバージョンを確認するには、「Settings」(設定)>「System」(システム)と進んで、「About Setting」(バージョン情報)をクリックする。「Device Specifications」(デバイスの仕様)セクションでシステムの種類を確認すれば、WindowsとコンピューターのCPUが32ビットなのか、64ビットなのかが分かる。「Windows 8.1」では、「Change PC Settings」(PC設定の変更)に移動して、「PC And Devices」(PCとデバイス)の項目を選択した後、「PC Info」(PC情報)の設定をクリックする。「PC」セクションにWindowsのビット数が表示される。

 さらに詳しい情報を確認して、OneDriveの32ビット版または64ビット版をダウンロードするには、こちらのOneDriveサポートページにアクセスしてほしい。OneDriveの32ビット版を現在実行している場合、64ビット版をダウンロードしてインストールすると、自動的に64ビット版に置き換わるはずだ。置き換えられない場合は、現在使用しているOneDriveのバージョンをアンインストールしてから、新しいバージョンをインストールする必要がある。パブリックプレビューの終了後、64ビット版のOneDriveは、より広範な一般ユーザー向けに公開され、要件を満たすコンピューターに自動的にインストールされる、とMicrosoftは述べた。

 OneDriveの64ビット版は、ユーザーからの要望が特に多かった機能だ。Microsoftの「OneDrive on Windows」フィードバックページを見ると、64ビット版の提案は1万5000以上の票を獲得している。この得票数は、OneDriveに関するすべての提案の中で群を抜いて最も多い。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]