経費精算・旅費精算

毎月300枚の立替経費精算にクラウドサービス--領収書の糊付け作業から解放

岸本建設が経費精算サービス「RECEIPT POST」を活用して精算業務の負荷を軽減。毎月300枚の立替経費精算で領収書の糊付けや保管などの作業を1人でこなしていたという。

 建設、不動産などの事業を営む岸本建設(岡山市北区、従業員数39人)は、クラウド型経費精算サービス「RECEIPT POST(レシートポスト、旧Dr.経費精算)」を導入。

 領収書の精算業務を軽減し、スマートフォン活用文化を促進したという。4月16日、サービスを提供するBEARTAIL(千代田区)が発表した。

 訪問介護事業も展開岸本建設は、カードで支払えない駐車場代などの領収書を小口現金の立替経費で精算。従業員39人分、毎月300枚ほどの申請が月1回、締めのタイミングで集中していたという。

編集部おすすめの関連記事

 精算、領収書の糊付け、保管といった作業を経理担当1人で実施するため、負担だったとしている。

 申請にスマートフォン撮影を活用、原本の保管、管理までを代行するため、糊付けなどの作業を削減。現金での処理を社員口座への振り込みへと移行でき、経理担当の負荷を軽減したという。

 申請者のスマホ撮影を必要としたため、スマホの活用文化を促進。地元の学生からの企業イメージが変化し、若手人材の採用につながったと説明している。

 RECEIPT POSTは、経費の申請、精算業務を領収書の撮影と専用ポストへの投函で代行。申請データと原本の突合のほか、保管、一定期間経過後の廃棄までを代行するという。クレジットやICカード、会計ソフトなどとの連携も可能。

「経費精算・旅費精算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]