メール サイバーソリューションズ

有隣堂、メール環境刷新--容量は10MBから10GBに、削除作業から解放

有隣堂はメールシステムを自社運営から外部のクラウドメール「CYBERMAIL Σ」に刷新。容量が10MBから10GBになるとともに、スパムを自動削除できることから削除作業から解放されたという。

 神奈川を中心に東京、千葉で約40店舗の書店などを運営する有隣堂(横浜市中区、従業員数522人)は、クラウドメールサービス「CYBERMAIL Σ」を採用。メールを一元管理しつつ、容量不足を解消したという。4月15日、サービスを提供するサイバーソリューションズ(港区)が発表した。

 取り寄せ品の入荷連絡といった顧客との連絡、得意先とのやりとりなどにメールを活用するものの、10MBの容量、フィルタリング機能などに不満があったという。自社で運営するメールシステムのトラブルをきっかけにシステム全体を見直したとしている。

編集部おすすめの関連記事

 コストパフォーマンスを決め手に、機能やサポート体制、導入実績などを評価。

 容量が10GB、スパムメールを自動削除できるため、メールの削除業作業がなくなったという。

主な機能一覧(出典:サイバーソリューションズ) 主な機能一覧(出典:サイバーソリューションズ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 安定稼働するメール環境を一元管理でき、運用管理工数を軽減。利用者からの問い合せもほとんどないとしている。

導入効果イメージ(出典:サイバーソリューションズ) 導入効果イメージ(出典:サイバーソリューションズ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 CYBERMAIL Σの税別月額利用料は、1アカウントあたり250円から。

「メール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]