人事・労務

働き方の変化--パンデミックの影響と今後

パンデミックの影響は、仕事のやり方や生活のスタイルに及んでいる。最新の調査では、将来の働き方を含め、どのような体験が続くのかを明らかにしている。

 リモートワークが定着しつつあることは明らかだ。多くの企業では、在宅勤務とオフィス勤務のハイブリッドな就業計画を採用する予定だ。パンデミックの影響は、ライフスタイルにも及んでいる。米国時間4月12日に発表されたQualtricsの最新の調査では、仕事の将来を含め、どのような体験が続くのかを明らかにしている。

 Qualtricsのデータには、新たな体験によってどの業界が予想外に改善されたかを考察した全世界の4000人の回答者から寄せられた意見が含まれており、それは、出張のあり方、パンデミック前と同水準で出張に出たいと考えている人々、Z世代が予見させる仕事の将来、この1年で馴染んだ変化で今後も続けたいもの、改善されてきたと思えるものなどが含まれる。

 実際、Qualtricsは報告書の冒頭で、「パンデミックによって、私たちは働き方の改善に向かうことになった」としている。新しい働き方が可能になり、「従業員は仕事に意義を見出し、職場の柔軟性と生産性は密接に関連していることが分かってきた」

 私生活でも仕事でも、例えばレストランの中で食事をするなど、かつての習慣が少しずつ取り戻されつつある。通常の状態が慎重に戻ってくるにつれ、出張の多い人たちは再び旅に出る準備を整えつつあるが、一方で私たちは、この1年で見出された医療、レストラン、小売店での改善された体験がいくらか続くこともうれしく思っている。

 回答者は、リモートワークで得られなくなったと思うことのトップ4を挙げた。

  1. 話すことがなかったであろう同僚との自然発生的な交流。
  2. 単純に他の人と一緒にいること。
  3. 多様な視点や考えに触れること。
  4. 生産性。

編集部おすすめの関連記事

 Qualtricsの調査によると、パンデミックに伴うロックダウンの間、回答者は生産性(51%)やウェルビーイング(心身の幸福度)の向上を実感したと答え、低下したと答えた回答者の2倍となった。管理職もこれと同意見で、55%が直属の部下の生産性が向上したと回答した。

 世代別に見ると、生産性についてミレニアル世代の54%が向上したと答え、Z世代の53%、X世代の48%、団塊世代の34%がこれに同意した。

 生産性が向上した理由としては、柔軟なスケジュール(31%)、通勤時間がないこと(26%)、仕事空間を管理できること(24%)、仕事の中断が少なく集中できること(24%)、プライバシーやパーソナルスペースがあること(23%)などが挙がった。

 従業員はパンデミックが終わったからといって、柔軟性を手放したくないと考えており、80%の従業員が、リモートでいられることは「重要だ」と回答した。

ウェルビーイング

 逆に、ウェルビーイングの低下を訴える回答者は、その際に助けとなるのは次の5つだとしている。

  • 自分が直面している困難についての仲間との会話。
  • 自分が直面している困難についての上司との会話。
  • 自分の仕事を効率的に行うために必要なリソース(資料、機器、技術、サポートサービスなど)の利用。
  • 企業幹部からのコミュニケーション。
  • 上司が自分の個人的なウェルビーイングに関心を示してくれること。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]