ウェブ会議

「Zoom」、人気度で「Google Meet」「Microsoft Teams」を上回る--44カ国で首位

コロナ禍でビデオ会議プラットフォームへの依存が高くなっているが、調査によると、「Zoom」は他の類似プラットフォームよりも人気が高いという。

 新型コロナウイルス感染症のパンデミックが発生して在宅勤務が始まるとすぐ、従業員たちのオンラインカレンダーはバーチャル会議の予定で埋め尽くされるようになった。この前例のない短期間でのリモートワークへの移行でマネージャーたちが懸念したのは、部下との関わりを持てなくなることだった。その結果、在宅勤務者は次から次へと会議への参加が求められるようになった。だが、これらの会議は、不必要で時間がかかり、仕事の邪魔で、退屈なうえに苛立ちを覚えるものだった。この結末は間もなく「Zoom疲れ」と呼ばれるようになった。

 だが、EmailToolTesterの調査によると、「Zoom」は広く普及しているだけでなく、「Google Meet」「Microsoft Teams」「Skype」といった他の類似プラットフォームよりも抜きん出ているという。Zoomは世界で最も人気のバーチャル通話/会議プラットフォームで、118の調査対象国のうち44で第1位となった。

次のプラットフォームがこの調査では対象となっている。

  • Skype
  • 「Slack」
  • Google Meet
  • Zoom Meetings
  • Microsoft Teams
  • 「Google Hangouts」
  • 「Houseparty」
  • 「GoToMeeting」
  • 「RingCentral Video」
  • 「ClickMeeting」
  • 「U Meeting」
  • 「BigBlueButton」
  • 「Bluejeans Meetings」
  • 「Lifesize」
  • 「Glip」
  • 「Nextiva」

 Zoomを好きなアプリとして挙げた国は、日本、英国、米国、カナダ、ニュージーランド、ロシア、韓国などがあった。Zoomは米国でのオンライン市場シェアが59.9%を占めている。Zoomの1日あたりの会議参加者数は3億人となっている

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約978文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]