人材採用 文書管理 ウェブ会議

総務でデジタル化が進んだのは「採用・研修」--「デジタルツール導入」望む

デジタル化が進んだ業務の上位3つは「採用・研修」「社内問い合わせ対応」「請求書・契約書」――。『月刊総務』が調査した。

 専門誌『月刊総務』を発行する月刊総務(千代田区)は、全国の総務担当者を対象に「総務の2020年度の振り返りと2021年度の展望」について3月22~29日にウェブアンケートで調査。4月8日に結果を発表した。有効回答数は139件。

 2020年度を振り返り、コロナ禍の影響で総務の仕事の内容は変化したかを聞くと、「とても変わった」が19.4%、「やや変わった」が66.9%と、約9割の総務の仕事の内容が変わったことが明らかになっている(n=139)。変化したこと、特に増えた仕事の内容は以下の通り。

    変化したこと
  • 在宅勤務が増えてウェブ会議で拠点間移動(出張)などがなくなり効率化できた
  • 在宅中心となり、脱ハンコ・ペーパーレス化が進んだ
  • 郵便代行などが増えたが、社員が出社しないため、備品補充などが減った
  • 社会貢献、福利厚生関連業務が激減、一堂に会するイベントがなくなった
  • 消毒作業などコロナ対応が増えた
    特に増えた仕事の内容
  • テレワークを実施するための施策やZoom会議用のスケジュール調整、電話や口頭で済ませていたことがメールになったため時間を要するようになった
  • コロナ対策関連のルール決め、周知
  • 緊急事態宣言に伴う勤務時間変更と労務管理
  • 一時休業に伴う雇用調整助成金の申請
  • SDGs(持続可能な開発目標)/ESG(環境、社会、ガバナンスを意識した取り組み)活動

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1166文字 ログインして続きを読んでください。

「人材採用」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]