人事・労務

リモートワークからハイブリッドワークへ--CIOが鍵を握る従業員体験の向上

クアルトリクスの製品およびサービス担当プレジデントが、ハイブリッドワーク時代における最高情報責任者(CIO)の役割について語った。従業員から寄せられる意見に対応し、満足度の向上を図るうえで、CIOが主導的な役割を果たすという。

 米TechRepublicのKaren Roby記者が、Qualtricsの製品およびサービス担当プレジデントであるBrad Anderson氏にインタビューし、最高情報責任者(CIO)が新しいハイブリッドワークモデルにおいて従業員満足度と従業員エンゲージメントの向上にどのような貢献ができるのかを尋ねた。以下では、そのインタビューを書き起こして編集した内容を紹介する。

Roby記者:言うまでもないことですが、2020年に重大な変化が起こりました。誰もがリモートワークを余儀なくされ、人々にとってさまざまな物事、働き方、仕事に対する気持ちが大きく変わりました。それから1年が経過した今、経営者は従業員の仕事に対する気持ちにうまく対処しているのでしょうか。

Anderson氏:的を射た質問ですね。従業員の体験は、CIOが以前よりもはるかに熱心かつ意図的に測定するようになったものの1つです。当社が2020年初頭から2020年後半にかけて実施した調査では、意見を聞くためのソリューションを積極的に導入して、従業員の体験を理解しようとしている組織の割合が、51%から69%に増加しました。しかし、大きなギャップがあります。具体的には、従業員に聞き取り調査を行ったところ、92%は会社が積極的に意見を聞くシステムを活用することが極めて重要だと回答しましたが、そうしたシステムに寄せられた意見に組織が積極的に対応していると回答した従業員はわずか5%でした。したがって、CIOは積極的に耳を傾ける必要があるということを理解していますが、従業員から見ると、自分たちの意見に経営者が積極的に取り組んで行動を起こすことをしていないと感じているところにギャップがあります。

Roby記者:こういう問題があることを認識したうえで、従業員が自分のしている仕事に前向きな気持ちを持てるようにするために、経営者は具体的に何をする必要があるのですか。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2703文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]