セキュリティ SB C&S

テレワーク実施企業のセキュリティ対策、8割が積極投資--7割がクラウドに移行

コロナ禍でテレワーク実施した企業の8割以上がセキュリティ対策に積極的に投資、全体の約6割がクラウド型で対策しており、その中の約7割がコロナ禍を機にクラウドシフトしている――。SB C&Sが調査した。

 SB C&Sは、テレワークを実施した企業のセキュリティやシステムの担当者を対象にセキュリティ意識を調査。4月6日に結果を発表した。3月5~9日に20~69歳のテレワーク実施企業のセキュリティ担当やシステム担当400人を対象にインターネットで調査した。

 コロナ禍以降のテレワーク実施企業のセキュリティ対策で投資を積極的に行っている企業は「とてもそう思う」(42.8%)と「そう思う」(41.0%)で全体の8割以上を占めた。テレワーク実施にはセキュリティ対策への投資が重要だと捉えている企業が多いと表現している。

2020年3月以降、テレワークのセキュリティ対策に積極的に投資しているか(単一回答、n=400、出典:SB C&S)
2020年3月以降、テレワークのセキュリティ対策に積極的に投資しているか(単一回答、n=400、出典:SB C&S)

 テレワークのセキュリティ対策については、全体の約6割がクラウド型で対策しており、その中の約7割がコロナ禍を機にクラウドシフトしたと回答。また、残りの約3割も今後のテレワークのセキュリティ対策をクラウドシフトする予定と回答している。テレワークが普及することでアクセス元が多様化するため、場所を問わずにセキュリティ制御可能なクラウド型の必要性が高まっていると指摘している。

コロナ禍を機にテレワークのセキュリティ対策をクラウドシフトさせたか(単一回答、n=400、出典:SB C&S)
コロナ禍を機にテレワークのセキュリティ対策をクラウドシフトさせたか(単一回答、n=400、出典:SB C&S)

 クラウド型セキュリティのメリットについては、「コスト削減」(49.0%)、「運用が難しくない」(40.3%)、「導入の敷居が低い」(39.0%)が上位3つを占めている。クラウド型セキュリティのデメリットについては「現在の運用方法の変更が必要」(36.8%)、「導入が不安」(34.0%)、「コスト上昇」(33.3%)が上位3つとなっている。

 コストに関してはメリットとデメリットの両方で上位に入っており、一般的にはクラウドサービスに移行することでコスト削減が見込めるが、製品や構成によっては逆にコスト上昇してしまうケースもあることが判明している。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]