AI・機械学習 アドバンスト・メディア

福井信用金庫、音声認識システムで議事録作成時間を半減--正確性も向上

福井信用金庫がAIを活用する文字起こし向け音声認識システム「AmiVoice ScribeAssist」を活用し、議事録作成時間を半減。正確さの向上、担当者の業務負荷軽減なども達成している。

 福井県全域を営業地区とする福井信用金庫(ふくしん、福井県福井市、従業員数635人)は、人工知能(AI)を活用する文字起こし向け音声認識システム「AmiVoice ScribeAssist(アミボイス スクライブアシスト)」を採用。議事録作成時間を半減、正確さも向上したという。4月6日、システムを提供するアドバンスト・メディア(豊島区)が発表した。

 ICレコーダーを活用して会議の議事録を作成。音声データを人力で書き起こし、会議時間の何倍もの時間がかかっていたという。

 役員会などの重要な会議では内容の正確な記録、関係者への議事録の速やかな回覧が必須で、正確さと速さを両立する必要があったと説明。長時間の会議の場合2~3日に及び、担当者の業務負荷軽減の必要があったとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1080文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]