人事・労務

在宅勤務で「士気を高める」プレイリスト--最新調査で分かった音楽の効果

音響機器メーカーのSound Unitedは先ごろ、コロナウイルスのパンデミックの中で在宅勤務をする人々にとっての音楽の利点をまとめた報告書を発表した。

 日常の在宅勤務の一部であれ、オフィス環境であれ、音楽は多くの労働者にとって、従来の仕事の中で重要な役割を果たしている。音響機器メーカーのSound Unitedは米国時間3月16日、コロナウイルスのパンデミックの中で在宅勤務をする人々にとっての音楽の利点をまとめた報告書を発表した。この報告書では、音楽の好みや、就業時に特化したプレイリスト、新たな楽曲の情報源などに関する意見が詳述されている。

 「2020年のリモートワークへの移行は、人にとっても企業にとっても非常に困難だったことは間違いない。我々が学んだことは、音楽は気分を高め、心を刺激し、リモートワーカーが在宅勤務という新たなライフスタイルにうまく適応できるようにする上で極めて重要な役割を果たしたということだ」とSound Unitedの最高経営責任者(CEO)であるKevin Duffy氏は言う。

 今回の調査結果は、Sound Unitedの委託で2月10日~2月11日にかけて実施した、米国の成人2000人から寄せられた回答に基づいている。2020年3月以降、回答者の約半数が音楽を聴く頻度が「やや増えた」と回答し、41%が「大幅に増えた」と回答している。

 全体では回答者の85%が、音楽を聴くことが「心の安定を保つ」ことや「生産性を高める」ための鍵となることに同意している。10人中8人近くの回答者(79%)が、音楽を聴くことは「孤独感の軽減に大きく貢献している」とし、「2020年のストレス」の中で「より重要になっている」ことに同意した。約4分の3の回答者は、特定のミュージシャンや曲を聴くことが「コロナの憂鬱と闘うための鍵となった」と言う。

 回答者の3分の2は、リモートワーク中に「仕事から気をそらさないための集中プレイリスト」を作成したと言う。同等数の回答者(65%)が「より良い時代と場所に逃避するための懐かしのプレイリスト」を作成し、72%は「士気を高めるプレイリスト」を作成し、就業時のエネルギーレベルを向上させている。

 コロナウイルスのパンデミックにより、人々が友人や家族から孤立したままになっている中、メンタルヘルスやウェルビーイングは、多くのリモート従業員や労働者にとって重要となっている。回答者の半数以上(54%)が「好きな音楽」を聴くことでメンタルヘルスが幾分改善されたと回答し、40%がこれによりメンタルヘルスが「大きく改善された」と述べている。

 また、10人中7人近くの回答者(69%)は、音楽を聴くことが「パンデミック関連のストレスを緩和する」のに役立つと述べている。その他のパンデミック関連のストレス解消法としては、テレビを見る、運動する、読書する、オンラインショッピングをするといったことが上位に挙がった。

 「これに加え、興味深い、そして率直に言って非常に面白いのは、調査回答者の3分の1以上が好きな音楽を同僚からの批判を恐れて隠す必要がないことをありがたく思っているという事実だ」と、Duffy氏は述べている。

 では、コロナウイルスのパンデミックの間、人々はどこで新しい曲やミュージシャンを見つけているのだろうか?

 2020年3月以降、「『YouTube』で新しい曲を見つけた」という回答が過半数を占めた。

 こうした時期における新しい曲の入手先として次に多かったのは、「Spotify」(45%)、ラジオ(39%)、友人(36%)だった。

 回答者の約3分の1(31%)は、リモートワーク中に音楽を聴く時間は2~4時間だと言う。約5人中1人(21%)の回答者は、リモートワーク中に16分~1時間、音楽を聴いていると答えた。

 調査の中で、以下の活動が全体的な幸福にとってどの程度重要であるかに基づいて、日常生活の側面をランク付けするよう回答者に求めた。その活動には、音楽、運動、読書、テレビ鑑賞、仕事が含まれる。回答者は、自分の幸せに関連する最も重要な活動として、音楽、運動、テレビ鑑賞、仕事、読書の順にランク付けした。

 「リモートワーカーやリモートワークに取り組む企業に助言するとしたら、音楽を活力や生産性を高めるツールとして活用することだ。客観的に見て、これは効果がある」とDuffy氏は言う。

 「良い気分になれる曲があれば、仕事用のプレイリストに入れておくと良いだろう。新しい曲を発見し、それに触発されたり、モチベーションを高めたりすることを自分に許してあげよう」(Duffy氏)

提供:istock/kerkez
提供:istock/kerkez

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]