開発ツール

「Project Jupyter」の起源--データサイエンス分野で貢献するオープンソースプロジェクト

「Jupyter」は広く活用されているオープンソースプロジェクトだ。データサイエンス分野の進歩に大きく貢献している同プロジェクトは、2人の学生の偶然の出会いから生まれた。

 データサイエンスをやりたいのなら、「Jupyter」に詳しくならなければならない。Jupyterは非常に高い人気を誇るオープンソースプロジェクトであり、「Jupyter Notebook」で最もよく知られている。データサイエンティストはこのウェブアプリケーションを使用して、ライブコード、数式、視覚化、説明文を含むドキュメントを作成し、共有できる。これは、コードによってデータを抽出し、他のデータサイエンティストと共同作業をする優れた方法であることが実証されている。Jupyterの使用は急増し、Notebookの数は2015年の約20万件から何倍にも増加した。

 Jupyterは極めて重要であり、GoogleやBloombergなど、さまざまな企業で多用されているが、最初からそうだったわけではない。Jupyterの始まりは友情だった。Fernando Perez氏とBrian Granger氏は、コロラド大学ボルダー校の大学院の入学初日に出会った。それから何年も後の2004年、2人はPerez氏が2001年に着手した「IPython」向けにウェブベースのノートブックインターフェースを作成するというアイデアについて話し合った。これがJupyterになったが、両氏は当時でさえ、Jupyterが学界の内外に大きな影響を及ぼすとは思ってもいなかった。両氏が気にかけていたのは、「計算物理学に携わる学生たちがすぐに利用できるようにする」ことだけだった、とGranger氏は指摘する。

こういったことには時間がかかる

 現在、Perez氏はカリフォルニア大学バークレー校の教授であり、Granger氏はAWSのプリンシパルだが、2004年の時点では、Perez氏はコロラド大学ボルダー校の応用数学博士課程の学生であり、Granger氏はサンタクララ大学物理学部の新任教授だった。先述のように、両氏は学生だった1996年に出会い、それぞれ忙しい日々を過ごしていた。おそらく、Jupyterの誕生と最も関係があるのは、Perez氏が2001年に「Python」に手を出したことだろう。同氏は「論文先延ばしプロジェクト」と名付けた取り組みの中で、6週間をかけて最初のIPythonを作成した。この259行のスクリプトは現在、GitHubで公開されている(「自動履歴機能を備えた対話型実行で、『Mathematica』のプロンプトシステムの再現を試みる」)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2133文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]