AI・機械学習 チャット NEC

東北大、窓口業務をチャットボットで自動化--英語、中国語にも対応

東北大学がチャットボット「NEC自動応答」を活用。問い合わせ応答の自動化で24時間365日対応できる体制を構築、職員負担を軽減する。

 国立大学法人東北大学(仙台市青葉区、学生数1万7809人、従業員数6426人)は、人工知能(AI)を活用するチャットボット「NEC自動応答」を採用。3月29日から活用し、オンラインチャットで窓口対応を自動化するという。同日、サービスを提供するNECが発表した。

 窓口サービスや各種手続きなど業務の見直しを推進する「オンライン事務化」を2020年6月1日に宣言した東北大学は、学生や教職員と事務職員、双方にとって理想の窓口を検討。

東北大学での活用イメージ(出典:NEC) 東北大学での活用イメージ(出典:NEC)
※クリックすると拡大画像が見られます

 オンラインチャット形式の窓口応答を自動化し、学生や教職員は24時間365日、スマートフォンやPCから必要な情報を即座に入手可能。事務職員の負担も軽減できるという。

 日本語での在学生向け対応からはじめ、翻訳エンジンとの連携で英語や中国語、在学生以外へも対応していくとしている。

 自動応答は、NECのAI技術「NEC the WISE」の「テキスト含意認識技術」を活用。二つの文が同じ意味を含むかどうかを高精度、高速に判定可能で、利用者の多様な質問文の表現に高い精度で回答できるという。

 NECグループ各社からの間接業務のアウトソーシングを事業とするNECマネジメントパートナー(川崎市中原区、従業員数3079人)では、NEC自動応答を活用することで問い合わせの74%が何らかを解決し、解決までの時間も3分の2に短縮したと説明している。

活用効果の一例(出典:NEC) 活用効果の一例(出典:NEC)
※クリックすると拡大画像が見られます

 クラウドサービスを活用する場合の税別標準価格は、初期費用が86万円、月額利用料が20万円から。オンプレミス版も用意しているという。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]