OS・ミドルウェア

sudoのパスワードプロンプトをカスタマイズするには

sudoのパスワードプロンプトをカスタマイズする方法を紹介する。これによって、「Linux」サーバーの管理者にsudoの使用を慎重にするよう注意を促すことが可能になる。

 おそらく、読者の皆さんの勤務先には、「Linux」サーバーで作業する管理者が大勢いるはずだ。実際に何かを成し遂げたいのなら、それらの管理者はほとんどの場合、sudoを利用する必要がある。ほとんどの皆さんはおそらくご存じだと思うが、sudoを使用すれば、サーバーに対してさまざまな処理を実行できる。そのため、管理者がsudoを慎重に使用するように、何らかの対策を講じた方がいい。

 その1つの方法は、sudoのパスワードプロンプトをカスタマイズすることだ。つまり、sudoが管理者のパスワードを要求するだけでなく、慎重な使用を促すメッセージも表示するようにする。例えば、sudoを使用しているユーザーがいる場合、パスワードプロンプトに「PROCEED WITH CAUTION...PASSWORD:」(慎重に使用すること。パスワード:)という警告を表示させたいとしよう。

 その設定は、1つの簡単なコマンドで変更することが可能だ。設定が完了すると、ユーザーがsudoを使用してコマンドを実行するたびに、その警告が表示される。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約545文字 ログインして続きを読んでください。

「OS・ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]