RPA

MS「Power Automate」の無料提供--業務プロセスの自動化を促進

マイクロソフトは、業務プロセスの自動化を可能にする「Power Automate」のデスクトップ版を「Windows 10」ユーザーを対象に無料ダウンロードとして公開した。

 この数年間、Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSatya Nadella氏は、ビジネスにおけるテクノロジーの民主化が生産性にもたらす利点をアピールしてきた。最近の研究によると、ローコード開発ツールで実現されるそうした概念には実際に利点があり、世界中の企業で効果的に使用されているという。これらの新しいツールを利用すれば、従業員はコストのかかる開発リソースを消費することなく、ビジネスアプリケーションをその場で構築できる。

 テクノロジーの民主化を実現するMicrosoftの主要なツールには、「Power Automate」とロボティックプロセスオートメーション(RPA)システムの使用が含まれる。「Microsoft Ignite 2019」での発表以来、Power Automateは着実に成長しているが、それでも同社の野心を満たすには十分でないようだ。そこで、同社は米国時間2021年3月2日、すべての「Windows 10」ユーザーを対象に、Power Automateのデスクトップ版である「Power Automate Desktop」を無料ダウンロードとして公開した

すべてのWindows 10ユーザーが無料で利用可能に

 念のため説明しておくと、Power Automateのデスクトップアプリ自体は追加費用なしで利用できるが、同ツールがローコードアプリの作成に使用するRPAシステムは残念ながら無料ではない。Power Automateを動かすクラウドベースシステムのサブスクリプション料金は、ユーザー1人あたり月額15ドルだ。機能が制限された無料トライアルも提供されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1433文字 ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]