RPA

MS「Power Automate」の無料提供--業務プロセスの自動化を促進

マイクロソフトは、業務プロセスの自動化を可能にする「Power Automate」のデスクトップ版を「Windows 10」ユーザーを対象に無料ダウンロードとして公開した。

 この数年間、Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSatya Nadella氏は、ビジネスにおけるテクノロジーの民主化が生産性にもたらす利点をアピールしてきた。最近の研究によると、ローコード開発ツールで実現されるそうした概念には実際に利点があり、世界中の企業で効果的に使用されているという。これらの新しいツールを利用すれば、従業員はコストのかかる開発リソースを消費することなく、ビジネスアプリケーションをその場で構築できる。

 テクノロジーの民主化を実現するMicrosoftの主要なツールには、「Power Automate」とロボティックプロセスオートメーション(RPA)システムの使用が含まれる。「Microsoft Ignite 2019」での発表以来、Power Automateは着実に成長しているが、それでも同社の野心を満たすには十分でないようだ。そこで、同社は米国時間2021年3月2日、すべての「Windows 10」ユーザーを対象に、Power Automateのデスクトップ版である「Power Automate Desktop」を無料ダウンロードとして公開した

すべてのWindows 10ユーザーが無料で利用可能に

 念のため説明しておくと、Power Automateのデスクトップアプリ自体は追加費用なしで利用できるが、同ツールがローコードアプリの作成に使用するRPAシステムは残念ながら無料ではない。Power Automateを動かすクラウドベースシステムのサブスクリプション料金は、ユーザー1人あたり月額15ドルだ。機能が制限された無料トライアルも提供されている。

 RPAを使用すると、マウスやキーボードのクリックなどのアクションを記録することで、デスクトップ上のさまざまなアプリケーションのワークフローを自動化できる。その仕組みは、おそらく読者の皆さんも作成した経験がある「Word」や「Excel」のマクロによく似ている。デスクトップから実行される複数のアプリケーションの反復的なアクションを記録することで、時間の節約と生産性の向上を実現できる。

 Power Automateのデスクトップ版を自分用に今すぐ入手したい人は、Microsoftから直接ダウンロードするといい。Power Automateは、数週間以内に「Windows Insider Preview」ビルドに追加され、最終的にはMicrosoft Windows 10のすべての更新バージョンの標準機能になる予定だ。

 セットアップファイルをダウンロードした後、図Aのように、インストールプロセスを開始する。その後、「Next」(次へ)をクリックして先に進む。

図A

 
 

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]