文書管理 弁護士ドットコム

電子契約「クラウドサイン」にパートナー制度--「Teams」とも連携

弁護士ドットコムは、クラウド契約サービス「クラウドサイン」のパートナープログラムを4月1日から発足させる。「Microsoft Teams」とクラウドサインを連携させるサービスを4月26日から提供する。

 弁護士ドットコムは3月24日、ウェブで完結するクラウド契約サービス「クラウドサイン」のパートナープログラム「CloudSign Partner Network(CPN)」を発表した。4月1日から活動を開始する。

 CPNは、カスタマーエクスペリエンス(CX)、デジタルガバメント支援、プロダクトアライアンスの3種類で構成。CXパートナーについては顧客に提供するプログラム内容に応じて、プラチナ、ゴールド、シルバー、プロダクトの4段階を用意する。

弁護士ドットコム 執行役員 クラウドサイン事業本部 副本部長 斎藤泰行氏
弁護士ドットコム 執行役員 クラウドサイン事業本部 副本部長 斎藤泰行氏

 弁護士ドットコム 執行役員 クラウドサイン事業本部 副本部長 斎藤泰行氏はCPNを発足した理由として「弊社の直販部隊だけでは(市場の)需要に応え切れていない」と説明した。

 また、3月24日時点でクラウドサインと連携する61社67アプリケーションの拡充を図るため、「Microsoft Teams」とクラウドサインを連携させる「クラウドサイン for Microsoft Teams」(クラウドサイン Teams)をSBテクノロジー経由で4月26日から提供する。税別価格は月額1万円から(送信件数が年間1200件未満の場合)。斎藤氏は「1年以内に大企業を中心とした100社への導入・活用」との目標を掲げた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1574文字 ログインして続きを読んでください。

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]