クラウドサービス SaaS コラボレーション

「Google Workspace」入門--グーグルの統合型生産性アプリスイート

「Google Workspace」は、グーグルが提供する生産性アプリやコミュニケーションアプリのスイートだ。含まれるアプリ、各エディションで利用できる機能、利用方法などを解説する。

 「Google Workspace」は、組織内の人々のために構築されたコミュニケーションアプリとコラボレーションアプリのスイートだ。「Gmail」や「Google Meet」といったGoogle Workspaceの中核的なコミュニケーションアプリは、世界中で広く使用されている。「Google Docs」「Google Sheets」「Google Slides」「Google Forms」などのコラボレーションアプリも同様だ。これらのコラボレーションアプリは、ドキュメントやスプレッドシート、プレゼンテーションを複数の人が同時に編集できるように最初から設計されている。

どんなものなのか

 Google Workspaceのアカウントは管理者が作成して管理する。個人が作成できる標準の無料版GmailやGoogleアカウントとは対照的だ。管理者は、Google Workspaceのデフォルト設定、アプリアクセス、セキュリティ設定をかなり細かく制御できる。Workspaceでは、さまざまな設定をさまざまなグループの人々(Workspaceの用語ではさまざまな組織単位)に適用可能だ。Google Workspaceの設定を調整して、機密性の高いデータを扱う組織に対応させることもできる。たとえば、管理者は、電子メールやカレンダーアイテム、「Google Drive」ファイルといったWorkspaceデータのオフライン保存を禁止できる。

どんなアプリが含まれるのか

 以下のアプリは、Google Workspaceのほとんどのエディションで、中核的なサービスの一部として利用できる。各アプリの詳細については、リンク名をクリックして、対応するGoogle Workspaceページに移動して確認してほしい。

 Workspaceアプリの重要な側面の1つはスピードだ。Googleは「.new」ショートカットを提供しており、これを最近のブラウザーのURLボックスに入力すると、指定したタイプの新しいアイテムが作成される。たとえば、「cal.new」で新しい「Google Calendar」イベントを、「doc.new」で新しいGoogle Docsドキュメントを作成できる。

  • Gmail世界で最も広く使用されている電子メールサービス
  • Calendarスケジューリングソリューション(cal.new)
  • Meet/Meetハードウェアグループビデオおよび音声会議(meet.new)
  • Google Chat」:チームの会話とプロジェクトの場
  • Driveドライブやファイルの共有も可能なプライベートクラウドストレージ
  • Docs共同作業が可能な文書作成ツール(doc.new)
  • Sheets共同作業が可能なスプレッドシートツール(sheet.new)
  • Slides共同作業が可能なプレゼンテーションツール(slide.new)
  • Formsカスタマイズ可能なフォームおよびアンケート作成ツール(form.new)
  • Google Keep」:共同作業が可能なメモ作成ツール(note.newまたはkeep.new)
  • Google Sites」:共同作業が可能なウェブサイト作成ツール(site.new)
  • Google Currents」:企業向けソーシャルネットワーキングおよびエンゲージメントサービス

 以下のサービスは、Workspaceの中核的なアプリとして大きく取り上げられているわけではないが、使用しているGoogle Workspaceのエディションによっては提供されていることが多い。一部のケースでは追加の購入が必要だ。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]