クラウドサービス セキュリティ アイ・ティ・アール

電子契約、67.2%に拡大--経営課題に「営業力の強化」と「企業間の情報連携」

「企業IT利活用動向調査2021」(速報版)によると、電子契約の利用企業は、前回調査の41.5%から67.2%に拡大。今後の予定を含めると、8割強が電子契約を利用する見込みという。

 一般財団法人の日本情報経済社会推進協会(港区、JIPDEC)とアイ・ティ・アール(新宿区、ITR)が3月18日に発表した「企業IT利活用動向調査2021」によると、電子契約の利用企業は67.2%に拡大したという。1月に国内企業981社のITや情報セキュリティ責任者を対象に共同で調査した。

 電子契約の利用企業は、前回調査の2020年7月の41.5%から67.2%に拡大。今後の予定を含めると、8割強が電子契約を利用する見込み。利用されている電子署名は電子契約サービス事業者のものが、契約当事者のものを上回っているという。

図1:電子契約の利用状況(出典:JIPDEC/ITR「企業IT利活用動向調査2021」)
図1:電子契約の利用状況(出典:JIPDEC/ITR「企業IT利活用動向調査2021」)

 今回の調査では「セキュリティ・インシデントは経験していない」企業が、1年前の2020年1月調査の28.2%から24.2%に減少したことから、インシデントが増加していると指摘。経験したインシデントとしては、過去2回の調査結果と同様「社内サーバー/PC/スマートフォンなどのマルウェア感染」(24.3%)が1位、「従業員によるデータ、情報機器の紛失・盗難」「USBメモリ/記録媒体の紛失・盗難」が僅差で2位、3位と続いている。また、過去の調査に比べ最も増えたのは3位の「USBメモリ/記録媒体の紛失・盗難」と「非デジタル文書の紛失・盗難」となっている。

図2:過去1年間に経験したセキュリティ・インシデントの推移(上位10項目、出典:JIPDEC/ITR「企業IT利活用動向調査2021」)
図2:過去1年間に経験したセキュリティ・インシデントの推移(上位10項目、出典:JIPDEC/ITR「企業IT利活用動向調査2021」)

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]