IoT AI・機械学習 VR・AR アバナード

会話型AIやXR--注目される最先端技術で知っておくべき5つのポイント

多くの技術が生まれ続ける中で、今、何にどう注目すべきだろうか。コロナ禍を考慮しながら心に留めておくべき5つの重要ポイントを、Avanadeの調査をもとに考察する。

 MicrosoftとAccentureの合弁会社となるAvanadeは、世界3万人以上の従業員を有し、日々顧客のテクノロジー課題や経営課題と向き合っています。これから注目すべき“新興技術(エマージングテクノロジー)”に関するトレンドを世界中のキーパーソンを対象に調査し、結果を毎年公表しています。2020年の調査では、企業がすでにエマージングテクノロジーから多大なる恩恵を受けていることがわかりました。

 調査は、Avanadeがオーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、日本、イギリス、アメリカのそれぞれ100人、計800人の経営幹部と意思決定権者を対象に、2020年の6~7月に実施しました。

 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)や会話型人工知能(AI)のような確立された技術から、人間の「能力拡張(例:脳とコンピューターのインターフェース)」や「バイオコンバージェンス(バイオテクノロジーとソフトウェアエンジニアリングのクロスオーバー)」のような、あまり定義されていない技術まで多岐に渡る12の技術について質問しています。

 これらのテクノロジーは成長サイクルが比較的早く、大きくビジネスを変革する可能性があります。一方、経営者はどのテクノロジーに投資すべきかで何が期待できるかを慎重に考えるとともに、自分たちの投資が同業他社に比べて進んでいるのか遅れているのか知りたいのではないでしょうか。

 調査結果をもとに導き出した「2021年、ITとビジネスに関わるリーダーが心に留めておくべき5つの重要ポイント」を紹介しましょう。

ポイント1:早期に、頻繁に、組み合わせて、エマージングテクノロジーの価値を最大限に引き出す

 回答者の97%は、エマージングテクノロジーのうち少なくとも1つの技術の実証実験を実施、または取り入れたと回答しています。トップパフォーマーはエマージングテクノロジーに全力で取り組み、ほぼあらゆるところで実証実験されています。

 また、エマージングテクノロジーから大きな価値を得る企業の6%は、他の企業よりも予算が多く、より多くのビジネスユニットにテクノロジーを展開しています。より頻繁にテクノロジーを組み合わせて実証実験し、デジタルトランスフォーメーション(DX)をより進めている傾向にあります。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2557文字 ログインして続きを読んでください。

「IoT」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]