PaaS ノンプログラミング開発ツール

「kintone」で社内ヘルプデスク対応を効率化するタスク管理術

社内での問い合わせ状況をシステムで可視化すればさまざまなメリットが期待できる。PaaS「kintone」を活用すれば質問しやすいだけでなく、自ら解決できるような環境を整備できる。

社内問い合わせの仕組みをアップデート

 社内システムの使い方に関する問い合わせやPCのトラブル対応などの問い合わせをどのように管理しているでしょうか。ここでは社内での問い合わせ対応を「社内ヘルプデスク」と定義し、システム活用を考えていきます。

 問い合わせ対応をしている中で、こんなことはありませんか?

  • 同じような質問に毎回、丁寧に一人ひとり回答している
  • 「いつ解決できる? 今どこまで進んでいる?」など、問い合せに対する質問がくる
  • 自分で調べればわかるような質問が多い

 業務アプリを簡単に構築できるクラウドプラットフォーム「kintone」を活用すれば、この業務の効率化や対応状況をすぐに可視化できます。

 問い合わせの対応内容や状況が明確になり、情報が共有しやすくなる方法を紹介します。

質問や要望の対応状況を一目で

 ヘルプデスク利用者は、電話やメール、もしくは直接窓口に来て、質問や要望を伝えてくれますよね。しかし、口頭だと「どんな内容だったか? いつ言われたのか? 誰からの依頼か?」などが曖昧になってしまったり、忘れてしまったりする可能性があります。また、そもそも誰に聞けば良いかという問い合わせもあるでしょう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1792文字 ログインして続きを読んでください。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]