ウェブ会議

「Zoom疲れ」をビデオ会議で感じるなら--原因と対処法

「Zoom疲れ」と俗に言われるビデオ会議による疲労について、スタンフォード大学の研究者が4つの主な原因を特定し、その悪影響への対処法を紹介した。

 ここ数カ月間、ビデオ会議ツールの定期的な使用を余儀なくされてきた人なら、その副作用として力を使い切ったようになることがあるのを知っているだろう。これは「Zoom疲れ」と今では俗に言われるようになっているが、Zoomとしても大いに当惑していることだと思う。

 しかし、この現象の背後には科学的な裏付けがある。スタンフォード大学の研究者は、ビデオ会議疲れの心理的な影響について初となる査読付き研究を発表した。専門誌「Technology, Mind and Behavior」に掲載された論文では、研究者のJeremy Bailenson氏が、ビデオ会議疲れの4つの主な原因を特定し、その悪影響に対処する方法を紹介している。

至近距離のアイコンタクトが激しい

 ビデオチャットは本質的に不自然だ。Bailenson氏は、ビデオチャット中に行うアイコンタクトの量も、画面に表示される顔の大きさも、通常の対面式の会議で経験するのとは別物だと言う。

 通常の会議では、人々は話者を見たり、メモを取ったり、部屋の他の場所を見たりする。一方、Zoomチャットでは、常に全員が画面を見つめているため、アイコンタクトが劇的に増加する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1661文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]