モバイル

「Android 12」入門--グーグルのモバイルOSの新たな進化

「Android 12」はグーグルの次期モバイルOSだ。開発者プレビュー版に搭載されている新機能、既存機能の強化、セキュリティ関連の機能などを紹介する。

 「Android」OSの始まりは慎ましくぎこちなかったが、それから非常に大きな進歩を遂げてきた。かつては劣勢のモバイルプラットフォームで、パワーユーザーや、ビジネス用に設計されたモバイルデバイスを求めるユーザーのニーズに応えられなかったAndroidが、今ではユーザーが投げかける要求のすべてを申し分なく処理できるようになっている。

 同プラットフォームには改善の余地もあり、それに対処するのが「Android 12」だ。GoogleのモバイルOSの最新バージョンでは、新たな機能が搭載され、さまざまな要素が微調整されているほか、プライバシーや触覚フィードバックの改善もある。

 では、Android 12で新しくなった点や、同OSの現行バージョンを一刻も早くアップグレードしたくなるような機能を見ていこう。このAndroid 12入門記事では、Googleの最新OSについて知っておくべき情報を紹介する。

どんなものなのか

 Android 12はGoogleのモバイルOSの最新リリースであり、Googleのアプリエコシステムとシームレスに統合されている。これは、Androidが「Gmail」「Google Docs」「Google Calendar」「Google Photos」などのアプリや、「Google Workspace」内でビジネスユーザー向けに提供されているほぼすべてのアプリと、初期状態で完全に連携しているということだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3741文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]