オフィスソフト

「Excel」で重複する値を強調表示--単一セルと行全体への書式設定

「Excel」の条件付き書式を使うと、重複する値を簡単に見つけることができる。重複する値を含む行全体を目立たせたい場合は、条件付き書式と数式ルールを組み合わせて使う方法がある。

 「『Excel』で一意の値を目立たせるには--条件付き書式で行全体を強調表示」という記事では、一意の値、または一意の値を含む行に条件付き書式を適用する2つの簡単な方法を紹介した。今回の記事では、重複する値で同じことを実行する。まずは、重複した値に書式を設定する簡単な標準のルールの確認だ。次に、レコード全体を強調表示する条件付き書式ルールを適用する。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsxファイルをダウンロードしてもいい。ブラウザーでも条件付き書式はサポートされているが、数式ルールを実行することはできない。

「Excel」で個々の値を強調表示する方法

 図Aの単純なデータセットでは、D列に同じ値がいくつかある。重複しているのは「1」「2」「6」だ。これは視覚的に簡単に識別できるが、いつもそうとは限らない。標準のルールを使用して、これらの値を強調表示してみよう。

  1. 書式を設定したい値を選択する。ここではD3:D16だ。
  2. 「ホーム」タブをクリックし、「スタイル」グループの「条件付き書式」ドロップダウンをクリックする。
  3. ドロップダウンから「セルの強調表示ルール」を選択し、表示されたサブメニューから「重複する値」を選択する(図A)。
  4. 右側のドロップダウンからプリセットの書式を選択する(図B)。
  5. 「OK」をクリックすると、D列の重複する値が強調表示され、図Cの状態になる。

図A

「重複する値」ルールを選択する。
「重複する値」ルールを選択する。

図B

プリセットの書式を選択する
プリセットの書式を選択する

図C

標準のルールによって重複する値が強調表示される。
標準のルールによって重複する値が強調表示される。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]