ウェブ会議 チャット

「Microsoft Teams」が最大1000人のウェビナーに対応--「Ignite」で発表の機能

「Microsoft Teams」にさまざまな新機能とTeams認定デバイスが追加されることが先ごろ開催の「Microsoft Ignite」で発表された。

 米国時間3月2日に「Microsoft Ignite」で発表されたように、「Microsoft Teams」にさまざまな新機能とTeams認定デバイスが追加された。Igniteは3月2日から4日までオンラインで開催され、さまざまな基調講演や討論会、バーチャルトレーニングが行われた。

 現在は、作業チームのための会議室が世界中に存在するようになっているので、人々の姿をはっきりと見られて、声をはっきりと聞き取れることが重要である。そこで、Microsoftは新しいギャラリービューを「Teams Rooms」に追加して、部屋に設置されたディスプレイが1台でも2台でも、会議のコンテンツを確認できるようにした。今回、Microsoft Teamsの会議や通話用に最適化された音声および動画機能を備えた新しい認定ハードウェアも登場した。「Dell Video Conferencing Monitor」と「Poly Studio P21」は、Teamsの認定モニターである。Microsoftのプレスリリースによると、これらのモニターにはマイクとスピーカー、カメラが統合されており、P21は照明も内蔵しているという。

 Microsoftは2021年にインテリジェントスピーカーも発表する予定だ。インテリジェントスピーカーは高度な音声認識を使用して、Microsoft Teams Roomsで発言者を識別できる。人工知能を使用して会議で最大10人の声を識別する7アレイマイクが搭載されている。発言者の名前とプロフィールは、会議のライブトランスクリプト(自動文字起こし)に適用される。プレスリリースによると、プライバシー保護のため、ユーザーは会議中に発言者識別機能のオン/オフを切り替えることができるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約791文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]