ウェブ会議 チャット

「Microsoft Teams」が最大1000人のウェビナーに対応--「Ignite」で発表の機能

「Microsoft Teams」にさまざまな新機能とTeams認定デバイスが追加されることが先ごろ開催の「Microsoft Ignite」で発表された。

 米国時間3月2日に「Microsoft Ignite」で発表されたように、「Microsoft Teams」にさまざまな新機能とTeams認定デバイスが追加された。Igniteは3月2日から4日までオンラインで開催され、さまざまな基調講演や討論会、バーチャルトレーニングが行われた。

 現在は、作業チームのための会議室が世界中に存在するようになっているので、人々の姿をはっきりと見られて、声をはっきりと聞き取れることが重要である。そこで、Microsoftは新しいギャラリービューを「Teams Rooms」に追加して、部屋に設置されたディスプレイが1台でも2台でも、会議のコンテンツを確認できるようにした。今回、Microsoft Teamsの会議や通話用に最適化された音声および動画機能を備えた新しい認定ハードウェアも登場した。「Dell Video Conferencing Monitor」と「Poly Studio P21」は、Teamsの認定モニターである。Microsoftのプレスリリースによると、これらのモニターにはマイクとスピーカー、カメラが統合されており、P21は照明も内蔵しているという。

 Microsoftは2021年にインテリジェントスピーカーも発表する予定だ。インテリジェントスピーカーは高度な音声認識を使用して、Microsoft Teams Roomsで発言者を識別できる。人工知能を使用して会議で最大10人の声を識別する7アレイマイクが搭載されている。発言者の名前とプロフィールは、会議のライブトランスクリプト(自動文字起こし)に適用される。プレスリリースによると、プライバシー保護のため、ユーザーは会議中に発言者識別機能のオン/オフを切り替えることができるという。

 追加のセキュリティ、プライバシー、およびコンプライアンス機能には、3月に利用可能になる招待専用の会議コントロールが含まれる。これを利用すると、招待された人以外は会議に参加できなくなる。

 エンドツーエンド暗号化(E2EE)は、2021年の上半期に法人顧客向けのプレビューが提供される予定だ。Teamsは企業向けのE2EEをサポートして、顧客がセキュリティおよびコンプライアンス規制に対応できるように支援するほか、オンラインで機密性の高い会話を保護する追加オプションも提供する予定だ。

 Teamsの複数地域サポートも2021年の上半期に提供される予定だ。Teamsデータの複数地域サポートにより、多国籍企業はTeamsデータが保存される特定のデータセンターの場所を、チームおよびユーザーレベルに至るまで、細かく制御できるようになる。

 混乱が生じる可能性を減らすためにビデオを無効化する機能も、2021年の上半期に提供される予定だ。以前発表されたチャットモデレーションコントロールも利用可能になる。

 さらに、Teamsは、最大1000人が参加できるインタラクティブな顧客向けウェビナーをサポートし、「Dynamics 365 Marketing」キャンペーンの一環としてウェビナーを配信できるようになった。ウェビナーの連絡先をTeamsからDynamics 365 Marketingに直接エクスポートして、イベントの前、最中、後に参加者とのエンゲージメントを可能にするオプションも、2021年中にTeamsに追加される予定だ。

Microsoft Teamsのインテリジェントスピーカーを職場で使用しているところ。
提供:Microsoft
Microsoft Teamsのインテリジェントスピーカーを職場で使用しているところ。
提供:Microsoft

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]