ERP AI・機械学習 日本オラクル

「自分以上にAIを信頼」8割--財務管理のAI活用で遅れる日本企業

管理職以上の7割が財務管理で自分以上にロボットやAIを信頼すると回答。しかし、日本でAIを活用した財務管理の実施状況は14カ国の平均51%を大きく下回る最下位の27%となっているという。オラクルが調べた。

 日本オラクルは3月3日、日本を含む世界14カ国約9000人を対象にした「Money and Machines: 2021 Global Study(財務領域における人とロボット・AIの関係)」の調査結果を発表した。

 77%の一般消費者と企業・組織の管理職以上は、財務管理で自分以上にロボットや人工知能(AI)を信頼すると回答している。日本国内に限定すると割合は94%まで増加し、14カ国中最上位。しかし、AIを活用した財務管理の実施状況は14カ国の平均51%を大きく下回る最下位の27%となっている。

 日本オラクル クラウド・アプリケーション事業統括 事業開発本部 本部長 野田由佳氏は「(財務管理にAIを活用する)取り組みは進んでいない。自社や市場に人材がいないのか、ROI(投資利益率)が明確ではなく、着手できていない状況が明確になった」と分析する。

85%が「財務業務をAIで改善」

 Money and Machines: 2021 Global Studyは、米本社Oracleから依頼を受けたSavantaが2020年11月10日~12月8日にアラブ首長国連邦やインド、オーストラリア、オランダ、サウジアラビア、シンガポール、ドイツ、フランス、ブラジル、メキシコ、英国、中国、日本、米国の14カ国の一般消費者や企業・組織に属する管理職以上の回答者9001人を対象に調査。3月3日に開かれた記者会見では「ビジネスユーザーに限定」(野田氏)して調査結果が解説された。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2241文字 ログインして続きを読んでください。

「ERP」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]