周辺機器 ウェブ会議 ポリコムジャパン 日本プラントロニクス

Poly、個人向けウェブ会議端末で新製品--コロナ禍収束でも「昔には戻れない」

PlantronicsがPolycomを買収して誕生したPolyが個人を対象にしたウェブ会議向けの「POLY STUDIO P」シリーズを発表した。ウェブカメラやビデオバー、ディスプレイを投入する。

 Polyは3月3日、テレワーク/リモートワーク向けのウェブ会議向けデバイス群「POLY STUDIO P」シリーズを発表した。ウェブカメラ「P5」、ビデオバー「P15」、ディスプレイ「P21」の個人向け3製品で、価格は調整中ながら受注を開始。P5とP15は4~6月、P21は年内に提供開始見込みになるという。

 Polyは、音響機器メーカーのPlantronicsがPolycomを買収して統合、2019年3月に誕生したブランド。日本法人の存続会社はポリコムジャパン。

POLY STUDIO Pシリーズ(出典:ポリコムジャパン)
POLY STUDIO Pシリーズ(出典:ポリコムジャパン)

 個人ユーザーはデスクトップソフトウェア「POLY LENS DESKTOP」でSTUDIO Pデバイスの共通設定やファームウェアなどを更新、管理できる。IT部門は、クラウドサービス「POLY LENS クラウドマネージメント」を活用することで遠隔地からSTUDIO Pデバイスを管理したり、トラブルシューティングしたり、使用状況を分析したりできる。

 WindowsやMac向けの各種ウェブ会議アプリに対応し、P15は「Zoom」「Microsoft Teams」の認定を取得。ほかの製品も取得見込と説明している。

Erwin Matti氏
Erwin Matti氏

 日本法人で代表執行役社長を務めるErwin Matti氏は、「プロが使える高いクオリティを、たくさんの人がどのプラットフォームでもシンプルな要素で使える」「IT管理者が一元管理できる」「パッケージとして提案できる」というPシリーズのコンセプトを紹介。

 「ほとんどの組織が重要なプロセスにウェブ会議を活用している。新型コロナウイルス感染症の流行が静まったとしても、昔のように100%戻れるわけではない。変わる世界の中で変わることができる製品を提供したい」(Matti氏)と説明する。

3製品の特徴と位置付け(出典:ポリコムジャパン) 3製品の特徴と位置付け(出典:ポリコムジャパン)
※クリックすると拡大画像が見られます

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]