アクセス管理 日立製作所

日立、非接触型の指静脈認証端末を提供--指3本でキャッシュレス決済可能

日立製作所は非接触型の指静脈認証デバイスを3月9日から提供する。小売りのセルフレジやオフィス、店舗に設置して、指3本をかざすことでキャッシュレス決済や入退管理、会員管理などに利用できる。

 日立製作所は3月2日、「生体認証統合基盤サービス」第2弾として、非接触型指静脈認証デバイスの「日立指静脈認証装置C-1」(C-1)と、PCカメラ向け生体認証ソフトウェア開発キット(SDK)「日立カメラ生体認証 SDK for Windowsフロントカメラ」(生体認証SDK)を発表した。

 3月9日から提供する。C-1は税別価格12万円、生体認証SDKは個別見積もりとなる。

 同社はC-1をBtoBtoC向け、生体認証SDKをBtoB向けに位置づけ、販売時点情報管理システム(POS)ベンダー大手の東芝テック(品川区)やセキュリティシステムなどを手がけるクマヒラ(中央区)と連携し、C-1を組み合わせた生体認証システムをオフィスや小売り店舗などへの展開を予定している。

指3本で精度が6倍に

 日立製作所は本人認証やキャッシュレス決済を安全に実現するというクラウドサービスである生体認証統合基盤サービスを2020年10月に発表している。生体認証統合基盤サービスは、生体情報を「秘密鍵」とする公開鍵認証を活用した認証技術「公開型生体認証基盤(Public Biometric Infrastructure:PBI)」がベース。同年12月から同社内のカフェテラスで指整脈認証デバイス「日立指整脈認証装置H-1」(H-1)を用いたキャッシュレス決済を検証してきた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1929文字 ログインして続きを読んでください。

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]