OCR AI・機械学習 周辺機器

日本生命、AI OCRで事務コスト半減--目視確認項目をシステムで自動点検

日本生命が金融機関窓口販売商品の新契約受付業務に「AI inside Cube」を活用。約40~50%の事務コストを削減している。

 日本生命保険(大阪市中央区、従業員数7万1871人)は、人工知能(AI)を活用して手書きの文字を光学文字認識(OCR)処理できるAI OCRサービス「DX Suite」を採用。金融機関窓口販売商品の新契約受付業務に活用し、低コストで効率的に事務処理対応できているという。3月1日、AI inside(渋谷区)が発表した。

 金融機関の窓口で販売される新契約は、繁閑の差が激しく、受付件数の増減が大きいという。

 大半の申し込みに紙が活用され、申込データの入力から点検までを人力で処理。体制維持やコスト面が課題だったとしている。

 DX Suiteをインストールし、CPUやGPUを搭載する専用デバイス「AI inside Cube」を導入。

 成立時の申込内容の点検、工程管理などの既存の事務処理に組み込み、受付書類の情報を全てデジタル化。

 目視確認の項目がシステムで自動点検可能となり、効率的な事務処理体制を構築できたという。約40~50%の事務コストを削減したとしている。

 AI inside Cubeは、DX Suite専用のエッジデバイス。推論機構を現場に設置し、通信遅延を低減できるという。オンプレミス形式でクラウド接続しないため、プライベート環境での安全、大量処理が可能。

 サブスクリプション形式で提供するため、ハードウェアの選定、構築、検証などの運用負荷も削減できるという。

AI inside Cube(出典:AI inside)
AI inside Cube(出典:AI inside)

「OCR」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]