コンテナ

「Kubernetes」クラスターに複数のコンテナーを含むPodを展開するには

「Kubernetes」クラスターに複数のコンテナーを含むPodを展開する手順を説明する。

 ほとんどの場合、Podを「Kubernetes」クラスターに展開すると、そのPodには単一のコンテナーが含まれる。ただし、複数のコンテナーを含むPodを展開することが必要な場合もある。複数のコンテナーを含むPodを展開すべき非常に実用的な理由が2つある。

  • サイドカーコンテナー:アプリケーションの機能を支援または強化するユーティリティーコンテナー(サイドカーコンテナーの例には、ログシッパー/ウォッチャーや監視エージェントがある)。

  • プロクシ/ブリッジ/アダプター:メインのコンテナーを外の世界に接続する。

 複数のコンテナーを含むPodを展開する最大の理由は、単一のコンテナーでは、アプリケーションのすべての側面を処理できない場合があることだ。例えば、「NGINX」のPodを展開したが、そのコンテナーのログを監視するための何かが必要になったとしよう。これを実行するには、複数のコンテナーを含むPodを展開するといい。

 信じられないかもしれないが、このプロセスはそれほど難しいものではない。

 本記事では、複数のコンテナーを含むPodをKubernetesクラスターに展開する手順を説明する。具体的には、2つのコンテナーを含むPodを作成する。1つ目のコンテナーは、2つ目のコンテナーとボリュームを共有するNGINXウェブサーバーを実行する。2つ目のコンテナーは1つ目のコンテナーにデータを書き込んで、複数のコンテナーを含むPodがどのように対話するのかを示す。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1716文字 ログインして続きを読んでください。

「コンテナ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]