人事・労務

コロナ禍が従業員に与える不安--「解雇の可能性を毎日考えている」は21%

ビジネスパーソン向け匿名ソーシャルネットワーク「Blind」で実施された調査によると、多くの従業員は自分が解雇される可能性について日常的に考えているという。

 米国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最初の症例が確認されてから1年以上が経過したが、COVID-19のパンデミックは今も世界中の地域社会に影響を及ぼし続けている。経済の混乱により、何百万人もの人々が失業したままであり、経済の不確実性が短期的に多くの職を危険にさらし続けている。先頃、ビジネスパーソン向け匿名ソーシャルネットワーク「Blind」で、さまざまな業界の従業員が解雇の可能性について考える頻度を明らかにするための調査が実施された。その結果、多くの従業員は自分が解雇される可能性について日常的に考えていることが明らかになった。

 2月に入って、あるBlindユーザーが、「自分が解雇されることについて、どのくらいの頻度で考えているか」という質問を投稿し、調査を実施した。回答の選択肢には、「毎日」「2日に1回」「週に1回」「月に1回」などがあった。最初の2278件の回答が反映されたBlindの未加工データを見ると、5人に1人(21%)の回答者は、解雇されることを毎日考えている。ほぼ同じ割合(20%)の回答者は、解雇されることを毎週または毎月考えている。131人(6%)の回答者は、解雇されることを2日に1回考えている。

 Blindの匿名フレームワークの一環として、ユーザーは自分の勤務先を表記できる。そのため、調査データを雇用主ごと、業界ごとに解析することが可能だ。雇用主ごとのデータを見ると、Amazonの従業員の約3分の1(32%)は解雇されることを毎日考えていると述べた。SAPとCiscoでも、同様の割合(それぞれ31%と29%)の従業員が解雇されることを毎日考えると語った。そのように答えた従業員の割合は、これら3社が最も多かった。

 逆に、NVIDIAとRubrikでは、解雇されることを毎日考えると述べた回答者は1人もいなかったが、NVIDIAとRubrikの従業員の回答数はそれほど多くなかった(合計24件)。Adobeの従業員と記載されている23人の回答者のうち、解雇されることを毎日考えると述べた人の割合は4%だった。

 SnapとIntuitの従業員と記載されている回答者のほぼ半数(45%)は、解雇されることを月に1回考えると述べている(回答者数はそれぞれ11人)。Stripeの10人の回答者のうち、4人は解雇されることを月に1回考えると述べた。NVIDIAの14人の回答者のうち、3分の1以上(36%)は解雇されることを月に1回考えると述べた。

 Coinbaseの従業員の約10人に6人(64%)は、解雇されることを考えたことがないと述べている(回答者数は11人)。AdobeとIntelでも、同様の割合(それぞれ61%と59%)の回答者が、解雇されることを考えたことはないと述べた。

 Twitterの18人の回答者の約4分の1(28%)は、解雇されることを2日に1回考えると述べた。Intuitで同じ回答をした従業員の割合は、18%だった(回答者数は11人)。

提供:iStock/fizkes
提供:iStock/fizkes

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]