人材管理 財務・経理

人材管理のワークデイ、財務管理と予実管理に進出--中堅企業での採用目指す

ワークデイは「人財管理のクラウドソリューションベンダー」から「財務・人事・プランニングを支援するエンタープライズアプリケーションプロバイダー」への転換を発表した。

 クラウドベースの人材管理基盤「Workdayヒューマンキャピタルマネジメント(HCM)」などを提供するワークデイは2月24日、従来の“人財管理のクラウドソリューションベンダー”から“財務・人事・プランニングを支援するエンタープライズアプリケーションプロバイダー”に転換することを発表した。

 背景にあるのは日本市場の体制強化だ。この方針に基づいて中規模企業への導入・展開、パートナー企業との関係性強化に注力することを明らかにした。その一環として、2021年上期に財務管理の「Workdayファイナンシャルマネジメント(FM)」の国内リリースを予定している。

ワークデイ エグゼクティブプレジデント兼日本担当ゼネラルマネージャー 日本法人社長 正井拓己氏
ワークデイ エグゼクティブプレジデント兼日本担当ゼネラルマネージャー 日本法人社長 正井拓己氏

 ワークデイ エグゼクティブプレジデント兼日本担当ゼネラルマネージャー 日本法人社長 正井拓己氏はWorkday FMについて、「北米を中心に人材管理のみならず、人材情報にひも付いた財務やプランニングを単一のプラットフォームで提供する。(Workday FMと既存のERPと比較して)クラウドネイティブで出発したアプリケーション。セキュリティやデータ管理も統一している。(顧客に)統一した体験を提供できる」と説明。Workday FMに関する詳細は後日改めて発表する。

 パナソニックi-PROセンシングソリューションズ(福岡市博多区)がWorkday HCMの導入を決定したことも同日に発表された。

多くの導入プロジェクトがパートナー主導で推進

 ワークデイは2021年の成長戦略として、(1)ソリューション、(2)マーケット、(3)パートナーシップ――の3分野に注力する。(1)のソリューションは人材管理の色濃い同社を「財務や人事、プランニングを支援する」(正井氏)ことを目的に、Workday HCMに財務管理や計画立案などとの統合を指す。

 2018年8月に買収、統合したAdaptive Insightsの予算編成や業績分析を支える統合的な計画基盤となる「Adaptive Planning」を自社製品化した「Workday Adaptive Planning(AP)」による計画立案と、以前から米国本社が北米を中心に展開し、日本でも2021年上期リリース予定のWorkday FMによる財務管理、Workday HCMを用いた実行結果を「Workdayプリズムアナリティクス」で分析する。

 同社は米国本社と同様に「エンタープライズアプリケーションプロバイダーへの転換」(正井氏)をOrangeOne(千代田区)やShearwater Japan(千代田区)、ジール(品川区)、デルタウィンコンサルティング(中央区)、パブリックアイデンティティ(中億)といったパートナー企業とともに目指す。

「人材管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]