開発 運用

モノリシックな作りにもメリット--オフコンのままオープン化できること

肥大化、冗長化した「IBM i(AS/400)」のアプリケーション資産をスリム化した後に実現できる、オープン化を紹介する。

 前回は、長年の開発とメンテナンスを繰り返した結果、肥大化、冗長化した「IBM i(AS/400)」のアプリケーション資産をスリム化する方法を提示させていただいた。今回はスリム化後のIBM iのままで実現できるオープン化について紹介する。

レガシーとオープンは何が違うのか

 さまざまなモダナイゼーションに関連する記事や資料を調査すると、中にはオープンシステムの対義語としてレガシーシステムがあるイメージで書かれたものも見受けられる。この両者の明確な定義は難しいが、オープンシステムの逆は、例えば特定のソフトウェアベンダーの独自の仕様で外部連携や応用が効きにくいなどのクローズドなシステムで、レガシーシステムで無いことは確かである。その証拠に1990~2000年代にかけて作られたレガシーなオープンシステムはモダナイゼーションの対象として良く話題に上がり、リプレース案件としてはメインフレームやオフコンのモダナイゼーションより遥かに多いという事実がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2963文字 ログインして続きを読んでください。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]