人事・労務

従業員エンゲージメント、世界的に向上--アクションがいまだ不十分な日本企業

日本を含む世界の“従業員エンゲージメント”の調査結果によると、2020年は、全世界的に従業員エンゲージメントが前年より向上し、また従業員エンゲージメントを左右する要因が大きく変わったという。

 クアルトリクスは2月22日、日本を含む世界の“従業員エンゲージメント”を調査した「従業員エクスペリエンストレンド2021」を発表した。2020年の従業員エンゲージメントは全世界的に向上しつつも、影響を与える要因は1年で大きく変化している。

クアルトリクス カントリーマネージャー 熊代悟氏
クアルトリクス カントリーマネージャー 熊代悟氏

 会社や組織の方針や戦略に共感し、誇りを持って自発的に仕事に取り組む従業員を「エンゲージしている従業員」と定義。同社カントリーマネージャー 熊代悟氏は「企業は(従業員向けに)アクションを起こすための実行力が必要。昨年の2人に加えてお客さまの業務へ助言する専門家を増員する」ことで支援体制を強化する2021年の戦略を語った。

フィードバックが増加するも…

 対象は日本、中国、香港、シンガポール、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、英国、アイルランド、フランス、ドイツ、スペイン、オランダ、スイス、ベルギー、南アフリカという20の国と地域で、企業や組織に勤める18歳以上の1万1864人(うち日本人は800人)。2020年10~11月の約1カ月間調査した。

ウェルビーイングの効果(出典:クアルトリクス) ウェルビーイングの効果(出典:クアルトリクス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 まずは従業員エンゲージメントの変化だが、2019年の同調査と比較するとグローバルは53%から66%に上昇し、国内も35%から47%と12ポイントの上昇が確認できた(いずれも肯定的な回答の平均値)。継続勤務意向もコロナ禍の影響からか、グローバルは53%から70%に上昇している。

 国内は71%から76%と大きな変化は見られなかった。2019年の調査では「経営陣の意思決定に対する信頼感」「担当業務と企業目標の関連づけ」「良い仕事に対する評価」「直属上司によるキャリア開発の支援」「研修の受講機会」が従業員エンゲージメントに影響する要素の上位に並んだ。2020年は「チームの仕事に対する誇り」「企業の一員であることを実感」「業務時の安心感」「会社の社会貢献に誇り」「自社でのキャリア展望」と大きく様変わりしている。

 企業に対する帰属意識や“ウェルビーイング(健康経営や幸福感、充実感など)”に対する影響要因も調査した。企業の一員であると感じる割合はグローバルで73%が肯定的な回答を寄せているが、国内は60%にとどまっている。中立的な回答は25%、否定的な回答は15%だった。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]